Windows 10は2025年にサポート終了は最初から決まっていた?

iPadを見ているネコPC・タブレット・スマホ
PC・タブレット・スマホ
お父ちゃん
お父ちゃん

Windows10、Windows10って、発情期ですかァ~コノ野郎‼

『最後のWindows』からの2025年にサポート終了のお知らせのニュース。今日は朝から賑やかだ。僕ら界隈では盛りの付いた猫のようにWindows10を連呼している。パソコンを生業にする人々にとって、このニュースは心穏やかでは無い話である。Windows10発売時。永久サポートOSとしてPCを販売した人たちはどんな気持ちでいるのだろうか?。あれこれと面倒な未来しか見えない。心中お察し致します。

謎のお姉さん
謎のお姉さん

Windows祭りが始まるようだね…

だってそうでしょう?、お年寄りを舐めてはいけない。メガネの在処を忘れても、昨日の約束を忘れても、なんで冷蔵庫の前にいるのか分からなくってもだ。「新しいWindows10からずっと同じですから安心ですよ」という営業トークだけは忘れない。それは断言できる。「そうだっけ?」とは口が裂けても言わない。何で、なんで、ナンデ攻撃が4年後に訪れる。情報通なら今から問い合わせを入れている事だろう。

スポンサーリンク

名言「最後のWindows」だけがみちのく一人旅

夜散歩
お父ちゃん
お父ちゃん

Windows10は未来永劫Windows10なんや…。やるじゃん、マイクロソフト。

その実。僕も何かのネットニュースを読んでそう記憶していたひとり。個人ブログでは普通にそう解釈されていたし、大手もそんな記事を書いていたと思う。いずれにしても世の中の認識はそうだった。そもそも『最後のWindows』の元凶はマイクロソフト側にある。

開発部門
開発部門

今後、Windows11はもう登場しない。Windows10が最後のWindowsだ!

2015年のイベントでMicrosoft の開発部門の責任者が発言により、『最後のWindows』に尾びれ背びれが付いてしまったのだろう。Appleのスティーブ・ジョブズっぽくキメたかったのかも知れないし、その勢いが当時のAppleイベントにはあった。そいうのをやって見たかった気持ちも分かる。

そして、『最後のWindows』というフレーズだけが人々の心に刻まれた。BGMには「みちのく一人旅」。俺にはお前が最後の女ぁ~♪である。しかし梯子は見事に外された。Windows10の余命は残すところ4年。

お父ちゃん
お父ちゃん

お次のPCはMacか、Windowsか…ブログ書くだけだからMac Bookにしようか…

今回僕が得た教訓は、公式サイトを「熟読せよ」という事だ

これまで僕が『最後のWindows』というフレーズを使わなかったのは不幸中の幸いだった。Twitterはおろか、ブログの中でさえ使っていない。もしそれを使っていたらのなら、精神的ダメージも相まって、この記事の内容は支離滅裂であったことだろう。ギリセーフ。

後日談、フタを開ければという、元も子もない話なのだけれど、2015年7月のWindows 10リリース時点でWindows10のサポート期間は設定されていたのだ。そう、最初からこうなる予定だったのだ。

Windows 10の延長サポート期間が2025年で終了することについて、直近で話題になっている。しかしWindows 10のメインストリームのサポート期間が2020年10月13日まで、延長サポート期間が2025年10月14日までというのは、2015年7月のWindows 10リリース時点で決定されていた。

PC Watch「Windows 10は2025年にサポート終了?(2021年6月14日 15:45)」より引用

噂を信じちゃいけないよ♪。山本リンダは正しかった。今後さらに『最後のWindows』論争は加熱すると予測されるのだけれど、このニュースは僕の襟を正す機会になったとも考えている。今回、僕が得た教訓は「ネットニュースを鵜呑みにせず、公式アナウンスを熟読せよ」である。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました