キジトラ・サバトラ・茶トラ猫を英語にすると何?

日本で普通に暮らしている限り、キジトラ猫を英語で呼ぶことはありません。キジトラ猫を英語にすると、どんなふうになるのかにさえ興味はありません。ですが、知らないよりは知ってた方が、話にタネにもなるというもの。

今回はキジトラ・サバトラ・茶トラを英語で何と呼ぶのかを調べて見ました。

スポンサーリンク

トラ猫のトラは英語でタビー

トラ猫を英語でtabby(タビー)と呼びます。

キジトラ猫は茶色、サバトラはグレー、茶トラはオレンジ色という解釈から、それぞれ、

  • キジトラは、brown tabby(ブラウンタビー)
  • サバトラは、silver tabby(シルバータビー)
  • 茶トラは、red tabby(レッドタビー)

と英語圏では呼ばれています。

「雉(キジ)」と「虎(とら)」と「猫(ねこ)」の組み合わせでPheasant tiger catとは呼びません。くれぐれもご注意くださいね(笑)。

ちなみにこの呼び名を知った日の夜。「キジとら」だけだったこのブログの題名にも、ひっそりと「brown tabby」を追加しました。ブログ名に追加した大きな理由は、「brown tabby」を忘れてしまいそうだった事から。こうして置けば、忘れる心配がありませんから。

※今はbrown tabbyを外しています。

大した知識ではありませんが、意外に知られていない英単語。皆様のコミュニケーションのお役に立てれば幸いです(笑)。

ちなみに、猫はロシア語でコーシュカ。

2018年、ドイツのリサーチ社のアンケート調査によると、世界で最も猫好きが多い国はロシアだという結果が発表されました。

猫好きが多い国はロシア!人口の59%の家にコーシュカなんて圧倒的じゃないか!!
ロシアは世界で最も猫を愛する国民でした。

さすが、ヤマネコが飼えるお国柄ですね(笑)。

ロシアではヤマネコを飼える
ロシアのカルーガ市にオオヤマネコの仲間(リンクス)と暮らしているご家庭がある。地元の動物園に保護された孤児のヨーロッパオオヤマネコの子どもを家族の一員として迎えたのだという。 カラパイア:ちょっと大きい猫だけど・・・孤児だったオオヤマ...

さらに招き猫は英語で何?

「招き猫 英語」のキーワードでGoogle検索をすると教えてもらえるのでご存知の方も多い事でしょう。調べて見ると、Beckoning cat 以外の呼び方が幾つかありましたのでご紹介します。

【猫雑学】招き猫は英語で何て言うの?
招き猫は英語で「Beckoning cat」です 。 「招き猫 英語」のキーワードでGoogle検索をすると教えてもらえるのでご存知の方も多い事でしょう。調べて見ると、Beckoning cat 以外の...
タイトルとURLをコピーしました