高級熟成焼き芋にハーゲンダッツを乗せると、料理の鉄人みたくなる

芋ぴっぴ。とハーゲンダッツ
ぐるめ・試食

ブログランキング・にほんブログ村へ 

───好きなものは最後に食べる主義なんだ

冷蔵庫に眠る芋ぴっぴ。

残すところわずか1本。そのパートナーは決めていた。目には目を、歯には歯を、松山千春には中島みゆきを。高級熟成焼き芋には高級アイスを。夏を彩る線香花火、散り際が最も美しい。

最後の1本、ひときわ美味しく輝いて欲しい。Twitter懸賞で出会った『芋ぴっぴ。』。記事を書き続ければ情も移るのも当たり前。最後は大盤振る舞いハーゲンダッツ!。

そう言う事です。

───最後の1本、悔いの無いよう食します。

スポンサーリンク

熟成焼き芋とハーゲンダッツ

高級熟成焼き芋とハーゲンダッツ

───このブログの中にハーゲンダッツの文字は無い…と思う

だって高級だもの、お値段が高いもの、買えないもの。

焼き芋の上にアイスクリーム。当初、ハーゲンダッツが焼き芋に乗る予定はなかった。その大役を果たすのはスーパーカップだった。安くて大きい庶民の味方しか思い付かなかった。そもそも、ハーゲンダッツを食べる発想すら無かった。

───ハーゲンさんちのダッツさん

最後に食べたのはいつだろう。少なくとも桜が10回は散っている。食べてたら喜んで記事に書いているよ、僕ならば。成就が先か成仏が先か、幻の業務用も見てみたい。

僕にとってのハーゲンダッツ。それは、お妙さん(銀魂)の好物で、ハーゲンダッシュという位置づけでしか無かった。いつの頃からか想像上のアイスクリームになっていた。そのハーゲンさんちのダッツさんが目の前に。

───食ってもいいんか?

べっこで食べた方が美味いんとちゃうか?。

初めての食べ合わせはいつも怖い。各々のスペックは理解している。芋ぴっぴ。の真ん中にドカンと乗せたハーゲンダッツが映えるのも重々承知。究極と至高の組合せが想像出来ない。それが不安要素だった。

───味がイマイチならべっこで食べよう

ABEMAから流れる『宮廷女官チャングムの誓い』。チャングムの最終回を見ながらハーゲンぴっぴの試食開始。

芋ぴっぴ。にハーゲンダッツ

一番に舌先が察知したのは温度だった。冷たさと熱さのコラボレーション。うま!これだよ、これ!!うっとりするほどおいしい。やばい!これはハマる予感がする!。そう書く予定だった。でもね、僕の舌先で感じ取れるものにだって限界があるんです。限界を越えました。うん、分からん。美味いけれど分からん。

芋ぴっぴ。にハーゲンダッツを乗せて

───ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい

ねっとりなの?、あっさりなの?、さわやかなの?、濃厚なの?。この味と食感は初めて。

美味しいですよ、控え目に言ってもドラウマです。ただ、こんなの初めてで、比喩出来なくて、適当な語彙すら浮かばない。そんな感じ。ごめんなさい、経験不足です。

芋ぴっぴ。にハーゲンダッツ(アップ)

───芋ぴっぴ。…舐めてました

1回目、蒸して食べたのが和菓子二回目、バターを乗せたのがスイーツ。ハーゲンダッツと芋ぴっぴ。この組合せは、たぶん三ツ星シェフのデザートレベル。普通のじゃなくて料理の鉄人の方。フレンチの鉄人、坂井宏行シェフが作った方。レンジでチンしただけなのに、焼き芋からは想像できない上品な仕上がり。

───おいしゅうございました

岸朝子さんならそう言うよ、きっと。

残った皮に残したハーゲンダッツを乗せて、巻いて食べると別の味が広がります。こっちも旨い。バニラアイスと熟成焼き芋。それに皮の渋みが相まって、むしろ、こっちの方が大人の味がして好き。

───満足よりも驚きでした

芋ぴっぴ。をお取り寄せされたら、ハーゲンダッツ(バニラ)を必ずご用意ください。ちょっとした驚きがそこにあります。それは、感涙した映画を観た時と同じ。誰かとこの感動を共感したい。そんな衝動に駆られました。───この歳で、焼き芋に動揺するなんて。

───オープン前から実店舗がこうなるはずだ。

そう言う事です。

タイトルとURLをコピーしました