Calbee ポテトチップスの生産地と生産者の顔写真は調べる事ができる

Calbee ポテトチップスの生産地と生産者の顔写真を調べる事ができる雑学・トリビア・うんちく
雑学・トリビア・うんちく

深夜零時を回り、生命が深い眠りに着いた頃。「遠い地平線が消えて、深々とした夜の闇に心を休める時、遥か雲海の上を、音もなく流れ去る気流は、たゆみない、宇宙の営みを告げています」―――脳内ではジェットストリームのナレーション。胃袋ではカル、ビーのぉ~お、ポテトチップス♪との二重奏。少し遅れて、爽やかティスティ~、アイ、フィ~ル~コ~ク♪の三重奏へと更に音が重なるのも不思議です。

そうして禁断を破り、深夜のコンビニへと向かうわがままボディ。ターゲットは、メロンパンでは無くポテトチップス。20分後に訪れる後悔の念も知りながら、ひと時の快楽を貪る夜。こんばんは、脂肪、すくすく育っていますか?。僕も良き感じで成長が止まりません。そして、これは気のせいでは無くて現実なんだと薄々気づき始めています―――今夜もコーラが余計だったかなぁ~…。

Calbeeのポテトチップス

深夜の宴の残骸。その裏側に目を通しながらカロリー表示に深い息。「フ~…やっちまったなぁ~。明日から2~3日のファスティングだ」と、やれもしない断食の計画を練るのです。そこで、とある記載に目が止まります。ポテチの材料、じゃがいもの生産地が分かるのかと。生産者までみる事が出来るのだと。見ているようで見ていなかった裏面の表記を読みながら、スマホ画面を入り口に、現実逃避へと旅立ちます。コーラ残ってるから、もう一袋ポテチ…開けるかい?。思い起こせば、1975年(昭和50年)からの付き合いになるんだよねぇ~ポテトチップス。

スポンサーリンク

ポテトチップスの生産地と生産者調査手順

Calbeeのポテトチップスは生産地と生産者の顔を見る事が出来ます。パッケージ裏面のQRコードを読み取ると、じゃがいも丸ごと!プロフィールのページへアクセス出来ます。そこへ製造所固有番号を入力すると、生産地、じゃがいもの種類、生産者情報と生産者の写真が見られます。これもひとつの生写真と言えるのかな?。家族写真ですけれど。

僕のポテチは、遠く離れたアメリカ合衆国からやって来ました。生産者はデレック ダ ベンポートさんとウェストン ウォーカーさん。ベンポートさんはシャイなのか顔出しNGのようです。異国の農場で生まれ育ったポテト。品種はラモカとワネタ。見た事も聞いた事も無い名前と説明。「今でも日本は輸入大国なんだなぁ…」―――小学校の社会の授業で習った遠い記憶が蘇ります。

それと同時期のポテトチップスのコマーシャル(昭和52年)では、きゃぴきゃぴキャラの藤谷美和子さんが「100円でポテトチップスは買えますが、ポテトチップスで100円は…買えません。悪しからず」そんなセリフでしたっけ?。当時のポテチは透明ビニールの部分があって、中身が見えるパッケージ。その三年後、松田聖子ちゃんが「裸足の季節」でデビューする事になります。

ジェットストリームから書き始めて、どうせ北海道のおじさんの笑顔が待ってるんでしょ?。そう勘繰っていたら、まさかのアメリカ合衆国。ユナイテッド‐ステーツ‐オブ‐アメリカ。原材料と生産者の写真を見てから日本へとんぼ返り。製造工場は「宮島」が一望できる湾岸地帯。カキ、赤ヘル、お好み焼き、もみじ饅頭、そして原爆ドーム、すずさんの笑顔…「しみじみニヤニヤしとるんじゃ!」そう、広島です。広島西工場で製造されたポテトチップスの終着駅はうどん県。

色々と考えさせられながら、今夜も夜更かしが過ぎたようです。深夜のポテチもほどほどに(笑)。

タイトルとURLをコピーしました