かっぱえびせんの「かっぱ」のルーツは 、かっぱっぱールンぱっぱー♪の「かっぱ」

かっぱえびせんの「かっぱ」のルーツは雑学・トリビア・うんちく
雑学・トリビア・うんちく

小さなリュックに小さな水筒。おにぎり、玉子焼き、ウィンナー、メインディッシュにチューリップ。お弁当が終わるとおやつの時間。友達と一緒に悩んだ300円。チロルとガムとお登勢じゃない方のスナックに心踊らせた小旅行。「先生ー!バナナはおやつに入りますかぁ?」そう、遠足です。

僕が過ごした昭和の時代。おやつのド定番と言えばチロルチョコ。ペロタン、ペロティ、チュッパチャプス、チェルシーなどのペロペロ系に加え、きのこの山、たけのこの里、ポッキーに大人のセシル。興味本位でドンパッチ。競合ひしめくマネーゲームの中、ひときわ輝く量と味との最強コラボ。コスパ王として君臨し続ける絶対王者と言えば、かっぱえびせん。その『かっぱ』は、かっぱっぱールンぱっぱー♪の『かっぱ』である。

若い人たちには「おっさん、何言ってるのか分からない」。ふつう、そうなるのだけれど、それは避けられない問題。う~ん―――例えると、勇者ヨシヒコと魔王の城の四話を思い出して欲しい。百合子じゃない方の小池さんが天女役を演じた回。ダンジョーがカッパを見て言ったセリフ、「まさに、かっぱっぱー、ルンぱっぱーだな」。その、かっぱっぱールンぱっぱー♪である。

スポンサーリンク

かっぱえびせんの名前の由来

一片含めば鼻へと抜ける潮の香り。カリッとした食感の後には海老のパレードが待っている。海老が運ぶ瀬戸の花嫁。初々しくも一本芯が通ったしっかり者。BGMには「やめられない、とまらない〜かっぱえびせん♪」。口一杯に頬張りながら、ほんの少し、かっぱっぱルンぱっぱ♪が脳裏を過ぎるのも不思議です。

孝さんは、厳しい経営を強いられながらも、小麦製あられの未来に明るいものを感じていました。その当時、週刊誌で連載されていた明るい漫画「かっぱ天国」の大ファンになり、キャラクターや「かっぱ」という語感の良さに魅かれていたようです。

Calbee公式「発売から半世紀以上!ロングセラー商品「かっぱえびせん」開発の歴史を紐解く」より引用

かっぱ天国のキャラクターは黄桜のCMに起用され、その勢いは凄まじく、放送頻度は現在のハウスのシチューレベルであった。日曜日ともなれば、真昼間から黄桜のコマーシャルが流れた時代。隙あらば、「かっぱっぱルンぱっぱ♪」なのである。すっかり国民的コマーシャルとなった黄桜。何を隠そう、かっぱのお姉さんが色っぽい。初代、清水崑氏のデザインは、まんが日本昔ばなしチックなのだけれど、二代目、小島功氏のデザインは気合の入る色っぽさ。艶っぽさ過ぎて、恋しさと、せつなさと、心強さと。YouTubeならNG案件なのは言うまでも無い。

かっぱえびせんのトリビア

1955年(昭和30年)に発売した「かっぱあられ」から端を発したかっぱシリーズ。かっぱえびせんは27代目で最後のかっぱシリーズとなりました。物心ついた時から半世紀に渡りお世話になりっ放しのCalbeeさん。そのCalbee公式サイトからかっぱえびせんのトリビアを幾つかご紹介します。別件ですが、かっぱえびせんのCMに「おしん」バージョンもありました。

かっぱえびせんのトリビア
  • 「かっぱえびせん」の原型は「かっぱあられ」
  • 創業者、松尾孝氏の「人々においしくて栄養豊富で腹持ちのいいものを食べさせたい」という強い想いから開発された。
  • 松尾孝氏は「かっぱ天国」の大ファンであり、キャラクターや「かっぱ」という語感の良さに魅かれ、作者である清水崑氏との面会で使用許可を得た。
  • かっぱシリーズの中に「横綱あられ」という、現在の「横綱」そっくりのお菓子がある。
  • かっぱえびせん初期の海老は瀬戸内の小えびである。
  • かっぱえびせんの筋は約10本。その役割は塩味を絡めて易くするため。そして、十分な乾燥を促すため。
  • 誕生当時からかっぱえびせんのレシピはほとんど変わっていない。
  • かっぱえびせんの味は時代に合わせて微調整されている。

僕の最近のマイブームは日本の企業サイト巡り。その中でもQ&Aが大好物で最近もっさりと読んでいる。読んでいるうちにふと思った。「これで記事ネタに一生困らん」―――と。企画への応募もピタリと途絶えてしまったのだけれど、情報の実用性が高いのでこちら側の記事も書こうと思う。視点を変えれば、かっぱえびせんも記事ネタになる事が理解できた。サッポロポテトバーベQあじポテトチップス…お次は何について書こうかね?。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました