サッポロポテトバーベQあじの形状はBBQの網目を模したもの

サッポロポテトバーベQあじの形状はBBQの網を模したもの雑学・トリビア・うんちく
雑学・トリビア・うんちく

かっぱえびせんサッポロポテトポテトチップスと来れば、バーベQあじ。80年代を過ごした世代にとって、Calbeeのスナック菓子は青春の味と呼んでも過言では無いでしょう。Calbeeビッグ4の中でも、バーベQあじはひときわ異彩を放つ存在でした。

四角くて、片方に反っていて、小さな穴ポコも四角形。子ども心に「どうやって作ってるんだろ?」。首をひねりながら食べたお菓子。その味は一度に食べきれないほど強烈に濃かった。その濃厚さはご飯のおかずレベル。その濃ゆいスナック菓子のカタチ。それは、松浦さんじゃ無い方のあみさん。BBQの網目を模したカタチなのです。

スポンサーリンク

CalbeeのバーベQ味はアメリカのBBQが原点

サッポロポテトバーベQあじ

サッポロポテトはつぶつぶベジタブルとバーベQあじでどうして形が違うの??
サッポロポテト(現在のつぶつぶベジタブル)は開発当初、かっぱえびせんなどの前身の商品の流れもあり、スティックタイプでの開発になりました。その後、チキンなどを入れたバーベQあじを開発する時に、見た目でもサッポロポテトと区別がついきやすいようにと形の変更を検討しました。独特のアミのような形状は食感をよくするためもありますが、BBQの網目を意識してそのようになっています。

サッポロポテト「サッポロポテトの豆知識」より引用

今では色んな形状のお菓子が存在していのだけれど、新しいスナック菓子が庶民へ急速に普及しはじめた70年代後半。バーベQあじの独特な形状は子どもの間でも話題に。網目だもの驚くって、普通。

「バナナはおやつに入りますか?」「玄関に入るまでは遠足です」先生からの300円縛り。100円玉を握り締め、おやつ選びは人生の一大イベント。友だちと悩みに悩んだ明日のおやつ。かっぱえびせん、サッポロポテト、ポテトチップス、バーベQあじ。そのどれかは選抜入り。チョコレート?。チョコはね…好きだけど、リュックの中で溶けるから…去年も溶けたし…。

サッポロポテトの豆知識へ戻ります。2021年(令和3年)現在、豆知識の数は7つ。1972年(昭和47年)のサッポロポテト誕生から2年後の1974年(昭和49年)に産声を上げたバーベQあじ。開発段階でのイメージは「カレー」。ハウスバーモント VS グリコワンタッチ が華麗なバトルを繰り広げていた頃。カレーに目を付けるのは至極当然。しかし、カレーは家庭で味が異なるという理由でボツ。同じような材料を使ったアメリカのBBQを採用したのだとか。不思議でしょ?カレーと同じような材料がバーベキューって。

BBQ

今でこそ、野外食の定番BBQ。当時の人が見たらこう言うでしょう。「微笑ましい光景だな、でも、それは焼肉だよ」と。BBQは大きな鉄串に牛肉・玉ねぎ・ピーマン・海老・パプリカなどを刺して焼くもの。一本だけで十分なサイズ感が魅力のおご馳走。だってそうでしょう?、僕らの情報源はテレビだけ。情報番組は「奥様8時半です」とか「3時のあなた」。僕らは学校で見られない。ドラマとコマーシャルでしかBBQなんて見た事無いからそれしか知らない。ちなみに、牛肉も焼き肉のタレも高級品で滅多に食べない。

そんな時代だからこそ、バーベQあじの登場は、当時の小学生には画期的だったのです。わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました