公開終了、閉鎖、消滅…懐かしのホームページ・ブログを見る方法(WAYBACK MACHINE)

公開終了、閉鎖、消滅…懐かしのホームページ・ブログを見る方法(WAYBACK MACHINE)インターネット・SNS・ブログ
インターネット・SNS・ブログ

ゼロ年代前半、テレホーダイ全盛期。睡魔と戦い、CGI設置に悩みながら、各々の思惑を胸に、己の魂に設置したHPバトラー。かつて、そこはURL同士の合戦場だった。それと同時にサイトオーナーたちの憩いの場の役目も果たす。

日記、同人、趣味、ジャニーズ、モー娘…。それぞれの想いが詰まったホームページたち。ITバブルの終焉と共に、更新も途絶え消えてゆく運命をたどった。それは、宇宙の星々のようにも見えた。そして新たな光が輝きを見せる。HTMLからブログへ。ブログからYouTubeへと時代は大きく変化した。

HPバトラーを思い出し、懐かしみ、そしてググる。検索結果の向こう側。幾つかのHPバトラーが静かに新たな挑戦者を待っていた。そのURLの上位階層へアクセスすると、無傷のまま、当時のトップページが姿を現す。それは保存状態良好の古代遺跡に遭遇したようだった。最終更新日は2003年。今頃、オーナーは何をされているのだろうか。インターネットの片隅でブログ運営しているのだろうか。それとも有名ユーチューバー?。

懐かしさも相まって、WAYBACK MACHINE(ウェイバックマシン)へアクセスした。このサービスを使えば、消滅したサイトさえ見る事ができる。さながらインターネットのタイムマシンだ。

スポンサーリンク

過去のホームページを見にゆこう!WAYBACK MACHINEなら可能です

WAYBACK MACHINE(ウェイバックマシン)は、過去のウェブサイトを閲覧できる無料サービスである。たとえサーバーからデータが削除されても閲覧可能。サーバーが消滅したとしても見られます。

Wayback Machine

ビジネスの場へと思考を切り替えれば、ドメインが売買されても初期のページも閲覧可能だ。あっはんなドメインに使われていたら本末転倒。SEO上、ドメインの過去は割と重要なのである。新たなドメインを購入する際、利用された方も多いのではないだろうか。否、ドメインのリサーチは常識なのである。これ、試験に出ますよ。

使い方は簡単明瞭。検索窓へ目的のドメインを入力するだけ。あの頃へ遡ってページ閲覧ができる。サービス開始は2001年。余程、古い時代のページを探さなければ、全てのドメインが網羅出来ると言っても過言では無い。ためしに「キジとら」の過去を見る。創成期の自サイトが表示された。キジとらの歴史はまだ日が浅い。だから感動はあまり無かった。

そこで、僕が最初に作ったホームページを表示させる。最古の情報は2002年(平成14年)5月。20年前の姿がディスプレイに表示される。「2000.06.01て―――ちょっとトイレで泣いてくる」…そんな衝動に駆られる。それと同時に、「やってる事は、今と変わんねぇ~な」。正直そう思った。当時からサイト内容は全く進歩していなかった。逆に焦りを感じたほどだ。

ホームページビルダーで制作したサイト。今と比べると確かにダサい。ダサダサだけれど、憎めない愛嬌を感じた。手作り感満載だ。ここはウェブサイトの基礎知識を学んだ場所でもある。「もうちょっと、こうして、ここは、ああして」昔の自分にレクチャーをし始める。傍目からみれば滑稽な姿なのだけれど、そうせずにはいられなかった。なぜって?。それにはチョットした理由があった。

ホームページビルダーは今でも現役で、僕のホームページも未だ現役。普通に見られる。最終更新日は2008年。アドセンスだって貼っている。僅かながらの収益も出ている。未更新の癖して未だ現役なのだ。もう10年も放置すれば、希少価値だって上がるだろう。そう信じて寝かせ続けている。樽の中で眠るワインのように。

だってそうでしょう?、「僕が30年前に作ったホームページです。ちゃっちいけれどみて下さい。当時の状況、知りたいことがあったら聞いちゃってくださいね!」これだけで人が呼べそうじゃん。2032年が凄く楽しみ。そういう事です。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました