作業効率アップ!iPadをWindowsに繋いで2画面化する無料アプリ

iPadとWindowsでデュアルディスプレイ化パソコン
パソコン iPad・iPhone
この記事は約3分で読めます。

うっほ!。

iPadの画面、Windowsで使えるぞっ。デュアルディスプレイ環境出来た。コイツ…使えるぞ、作業効率が100倍アップ。

僕が主に使っているPCは、GM-JAPAN(GLM-14-240-JP)。Amazon売り上げ1位の格安PCでブログ更新程度ならば十分戦える名機なのだけれど、14.1インチ画面が小さ過ぎて不満を感じ始めていた。

老眼には些か酷な環境だ。

GM-JAPANのノートPCを買ったのでレビュー書きます
新しいパソコンがAmazonから届いた。GM-JAPAN(GLM-14-240-JP)。みんな知らないだろ?、僕も知らない。でもね、とにかく安いんだよね、このノートパソコン。2020.2.7 追記😊...

こんな時、デュアルディスプレイ化が定石なのだけれど、出来る事なら外出先でも使いたい。

もしかして・・・iPadと繋がんない?。

とか思って、ググってみると「いらっしゃいまし~❤」っとインターネットの向こう側で待っていたアプリが「spacedesk」。もちろん無料でインストール可能。ただしリスクの可能性もありますので、ご利用は自己責任でお願いします。

モバイルディスプレイという選択肢もありますが、3万円程度の出費が必要なので価格的にハードルが高いですね。中古で3000円なら即買いですけど(笑)。

スポンサーリンク

設定5分!spacedeskでiPadをサブディスプレイ化

「spacedesk」の設定は至極簡単。

  1. Apple storeから「spacedesk」をインストール
  2. spacedeskのホームページ(https://www.spacedesk.net/)からWindows用のアプリをインストール。(16bit or 32bit)
  3. 双方を起動させて、iPad側に表示されるサーバーをタップするとWindows画面が表示される。
  4. Windows側でディスプレイの設定を「表示画面を拡張する」に変更。
  5. 以上でデュアルディスプレイとして使用可能。

spacedeskは、既に多くのブロガーやユーチューバーが紹介しているアプリ。なので、細かな説明はそちらにお任せします。面白おかしく説明してくれています。

メイン側(Windows)のマウスの動作はいつもどおりですが、iPad側のマウスの動きがもっさりしていた点はご報告しておきます。使えないレベルではありませんが、予想以上にもっさりした感じを受けるかもしれません。タッチパネルに対応している点は便利でした。

spacedeskの貧弱性・危険性について

無料で簡単に設定できて便利すぎる反面、Wi-Fiを経由しての画面接続がゆえ、貧弱性とか危険性などの問題が否めません。また長期に渡る利用も考えていません。この点については有料アプリでも同様だと考えています。従って、spacedeskのご利用は自己責任でお願いします。特にスマートフォン(android・iPhone)に接続する場合は慎重になった方がよいと思います。

ちなみに、僕のPCもiPadもオンライン決算などのアプリの使用は一切していません。そのようなサービスを利用しているマシンで使う事もありません。そんな僕だから、スマホ接続だけは絶対にあり得ません。もしもの時のリスクがタブレットとスマホとは段違いなので。

でも、遊びマシン同士なら全然アリかな?。

タイトルとURLをコピーしました