5.26 月食とスーパームーンが重なる特異日

5.26 月食とスーパームーンが重なる特異日ニュース
ニュース

少しだけ未来のお話。

花見の季節もゴールデンウィークも過ぎ去り、季節はもうすぐ6月を迎えます。夜風に身を任せて歩く愛猫サヨリとの散歩道。天を見上げる人々が指さす夜空に目を向けると、ぽっかりと浮かんだフラワームーン。BGMはムーン・リバー。ティファニーで朝ごはんです。春日じゃ無い方のオードリーの姿が昨日の事のように思い出されます。いやぁ〜美しい。

オードリーの歌声で大切な事を思い出しました。今夜は特別な夜だったのです。スーパームーンの光に財布をかざすと金運がアップすると言われるムーライト伝説。それに加えて皆既月食。何も無いわけが無いと思ってしまうのも不思議です。

素早くポケットから財布を取り出し月の光を浴びせます。私の願いはただ一つ。宝くじが当たりますように。ただそれだけ。出来ればジャンボの方にしてもらって良いですか?。月に代わってお願いします。

スポンサーリンク

2021年5月の月食は見逃せない

猫の夜散歩

月食とスーパームーンが同じ日に起こる

2021年5月26日。地球の影に月がすっぽりと入る皆既月食(英語表記:total lunar eclipse)が全国各地で見られます。月が赤色に染まる食の時刻は午後8時19頃。さらにスーパームーンが重なる為に、いつもの月食よりも巨大な月の満ち欠けが観測出来ます。

月と言えば…

月と言えば、うさぎの餅つき、竹取物語のかぐや姫、セイラームーンの月野うさぎ、エヴァの綾波レイ、機動戦士ガンダムのマチルダさん、そして月面着陸のアポロ11号…。様々な人が様々なイメージを連想するでしょう。私より少し上の世代でしたら月光仮面で盛り上がれます。幼少期のの思い出も相まって、幻想的で神秘的で懐かしいプラスのイメージ。

その一方で、スーパームーンに対して首都直下型や南海トラフ巨大地震などのイメージを持つ方も少なくはありません。それに皆既月食が加わる事で、SNSやYouTubeなどで不安を煽る情報が流れるでしょう。「信じるか信じないかはあなた次第」という語尾を付けて。年末年始にテレビでもやりそうなネタですが、コロナ禍においてそれはやり過ぎだとも思うのです。災害への備えをしつつ、明るい未来を信じたいものです。

コロナ禍だからこそ、気分だけでも豊かな気持ちに

現在、地球は温暖化が進行しているそうです。しかし、私の財布は一向に氷河期から抜け出す気配すら感じられません。抜け出るのは諭吉だけ。なので、超プラス思考で月食を眺める予定です。空っぽの財布を大きく広げながら諭吉との再会を願います。日本中で目撃される月に向かってお財布全開。おバカで滑稽にも見えますが、それはそれで幸せで楽しい一時では無いのでしょうか。

想像してください。ジャンボ宝くじに当選したら、皆さんは当選金を何に使いますか?。豪遊、爆買い、旅行、自動車、マイホーム…、貯蓄?。ね、当たってもいないのにワクワクするでしょ?。こんなご時世だからこそ楽しまないとデス。

今から数ヶ月後の未来のたらればですが、スーパームーンの月食は必ず見られます。その時はコロナが終わっていれば良いですね。

スポンサーリンク
キジとら
タイトルとURLをコピーしました