仮面ライダー1号変身ベルトの販売価格と売り上げ本数

エンタメ・テレビ

1971年4月3日(土曜日)午後7時半。仮面ライダー第1シリーズ第1話が放送された。ライダーブランドは、それ以降32シリーズが制作される人気シリーズになる(2021年現在)。それに伴い「仮面ライダー誕生50周年企画発表会見」が行われた。

東映株式会社 代表取締役社長 手塚治氏がバンダイの関係者に聞いた話によると、仮面ライダー初の変身ベルトは三百数十万本を売り上げる。以降、玩具、スナック菓子、衣料品、子供の日用品(弁当箱・箸・コップ)、学習用品(鉛筆・消しゴム)へとプロモーションは拡大され現在に至る。

参考:仮面ライダー生誕50周年企画 発表会見(YouTube)

スポンサーリンク

仮面ライダー変身ベルトの淡い思い出

怪傑黒頭巾、白馬童子、黄金バット、怪傑ハリマオ、虹色仮面、流星王子、ナショナルキッド、月光仮面…。どうだい、知らないだろ?。仮面ライダー以前にも等身大ヒーローは存在した。テレビでも大人気。武器は日本刀かピストル(銃)。それだけでヒーローになりきれた先輩世代。いわゆる「カエルのケツに爆竹世代」の想像力と実行力には目を見張る。花火も爆竹も当たり前に駄菓子屋で手に入る時代。ヒーローごっこも火器導入で西部警察スケール。今では考えられない遊びが日々繰り広げられた。遊びでさえも命がけ、そういう事です。

そんな折、僕らの次世代の前に現れたバッタ男、もとい、仮面ライダー。戦い方も日本刀からライダーキックへとあっさりと世代交代。30cmの高さえあれば降りるときはライダーキック。校庭でも園庭でも学校の階段でも「とう~!」という雄たけびがコダマした。滑り台の向こう側から聞こえて来るのは「シュワッチ!」。気にするな、あれは敵だ。いずれ宇宙へ帰るだろう。

そんな折、テレビCMに流れた商品に開いた口が塞がらない。仮面ライダー変身ベルトの最初の出会い。ベルトが光る! 回る! これが最初の変身ベルトだ!。このおもちゃは画期的だった。守られる立場から戦える立場になれるアイテムの登場。これはデカイ!なりきれる!でも高い!。買ってもらえたのは近所のスネ夫だけ。

当時の大卒の初任給は46,400円。大人から見れば風車が付いたベルト如きに1500円など出すワケがない。時を同じく酒屋にビール瓶を持って行くと1本あたり5円もらるトリビアが広がる。「オヤジが300本ビール飲んだら買えるなぁ~…」「でもそんなに飲んだら死ぬよな…それは困る」そこから妄想が止まらない小学校の昼休み。正義はどこへ行ったのだろう…。

そんなクリスマスイブ。サンタクロースの帰り道。赤ら顔のサンタさんから貰ったベルトはパチモンで、偽物で、それじゃない!。そもそも風車が回らないし色も違う。安かったから買って帰った事を子供心に理解した。

そこで少年は悟る、大人になって自分で買おう、変身ベルト。それ以降、変身ポーズの練習だけは怠らなかった。いつか来るその日のために…とう~!。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん

今のおすすめ記事は『足を組むと、顔が大きくなりますよ!』デス❤

サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました