謎の円盤UFO見たことある?僕の3度の目撃談はこれでした

UFO目撃情報香川県・うどん・遊び場
香川県・うどん・遊び場

ふと空を見上げると何かが飛んでいた。もうすぐ夏の夏至の日の夕暮れ。雲一つない晴天。うどん王国、香川県の遥か上空。何か分からないのだけれど、火星や金星よりも一回りほど小さな点がゆっくりと移動していた。BGMには木曜スペシャルUFO特集のあの曲。ポカンと口を開け、天を仰ぐ二人の小学生。何も語らず、身動き出来ず、帰りたいのに帰れない。僕たちは白い点から視線を逸らすことが出来なかった。たぶんそれは、焼きそばじゃない方で、ピンクレディーじゃない方のUFO(unidentified flying object)だったのだと思う…。

謎のお姉さん
謎のお姉さん

今、随分な告白してくれたね

お父ちゃん
お父ちゃん

いや、そろそろ

UFOブーム来るかなって思って

人生で3回だけ見たから書いとくよ

ちなみに6月24日はUFOの日です

スポンサーリンク

香川県で2回、熊本県で1回、UFO目撃?!

UFO、幽霊、ネッシー、ツチノコ、河童、口裂け女、超能力…。昭和は未知と浪漫で溢れていた。テレビという情報源を通して溢れかえっていた。そのムーブメントは月間ムーの存在も後押しする。木曜スペシャルUFO特集の夜はワクワクしてテレビの嚙り付いた少年期。3度だけ未確認飛行物体を目撃した…。今回はこんな感じで話を進めます。

UFO.1 香川県高松市某所:1974年(昭和49年)午後7時頃

1974年(昭和49年)の夕暮れ。太陽が西の空へ消えゆく頃、東の空に昇る月。僕は小学校のマサミツくんと校庭で同級生とサッカーボールを蹴っていた。小学生は何にでも感動するいきもので、丸い月から薄っすらと見えるクレーターを凝視していた。根性でクレーターの光を眼球に集めた。そうする事で我が瞳は望遠鏡にも匹敵すると信じて疑わなかった。あほな小学生の姿はそこにあった。

しばらくすると、小さな白い点が月へ向かって移動しているのを見つけた。どちらともなく「飛行機かな?」「凄い遠いところ飛んでるな」―――ポツリ、ポツリと会話を交わす。星のように見えて星じゃない。それは小学生にも理解出来た。ゆっくりと月へ向かう点。思い出せば物凄いスピードである。しかも、デカイ。

その点は月の中へと吸い込まれてゆく。待った。しばらく待った。30分待った。点は月から出てこなかった。あれはいったい何なんだ。騒ぐことも、笑う事も、語る事もなく、僕らは家に帰った。「今何時だと思ってるの!」そして、オカンに叱られた。UFOの事は言えなかった。

お父ちゃん
お父ちゃん

飛行機にしては高度が高いし

人工衛星にしては遅いし

月から出てこない事が未だに解せぬ

UFO.2 香川県高松市某所:1975年(昭和50年)午後6時頃

二度目のUFOは翌年の事である。月から出てこなかったUFOを一緒に目撃したマサミツくんは、学年が上がったと同時に何処かの小学校へ転向してしまった。これも夕方。瀬戸の海へ沈む夕陽を眺めていた。真っ赤な夕焼けになったり、大きな夕日が稀に見られるのが、夕焼けウォッチの醍醐味だ。

生ぬるい防波堤のコンクリートに座り込み、足をブランブランさせながら日が沈むのを待つ。BGMには「太陽の季節」。少しませたガキだった。そろそろサンセットショータイムの終わる頃。ポカンと丸い球体が浮かんでいるのを見つけてしまった。あ―――月の―――。今回のブツは割と大物。飛行機くらいの大きさに見える。夕陽を浴びて光っているようだった。

そこはやはり小学生。固まった。口を開けて固まった。その丸は徐々に小さくなった。視線と進行方向が一直線なのだろう。ゆっくりと小さくなる丸。クレーターを見るように、眼球の絞りを望遠モードへ切り替える。小さな点が消えるまでロックオンを続けた。やがて点は米粒のようになって消えてしまった。時間にして1分程度の出来事だった。

ひとりだった事もあり、急に怖くなって家に帰った。「今、何時だと思ってるの!」今日もやっぱり叱られた。UFO、出るなら早く出ようよ。心底そう思った。

お父ちゃん
お父ちゃん

あれは気球の可能性が高いと考えています

楕円形タイプの気球を真後ろから見るとそう見えるでしょう

あの時代、あの時間

海の上を飛行船が飛んでいたらの話ですけれど…

UFO.3 熊本県上熊本某所:1987年(昭和62年)午後8時頃

三回目は凄いよ。色付きで、一瞬で、目撃者は二人。金縛りに合いやすいKくんとの目撃情報。小学生のUFOなど、まるっと、ぬるっと、記憶の彼方。バブル景気で世の中がウェ~な能天気だった1987年。僕はKくんのアパートで巨人ヤクルト戦を観戦していた。

野球放送が「一部の地域の皆さんは、プロ野球ニュースをご覧ください」の前に終わった。それと同時に「うわぁ~!」と二人が声を上げる。人間は理解を越えたモノを見るとフリーズを起こすようだ。しばらくの沈黙の後。お互いが確認を始める。「みたと?」「みた」「緑だったと?」「グリーンだった」「マジか!(二人で)」

それは一瞬の出来事で宇宙刑事ギャバンの蒸着タイム「0.05秒」に匹敵した。それを同時に見てしまったのだから盛り上がる。上熊本方面から熊本城へ高速で飛ぶグリーンの帯。ふつうにテレビ案件じゃなかとね。テレビのチャンネルをガンガンと回し、各局のローカルニュースを見て回る。NHKを入れて4局だけれど。

結局何の情報も得られず、学校でクラスメイトに尋ねるものの「頭がバブってんじゃね?」「矢追純一見過ぎじゃね?」と一刀両断で幕を閉じた。もう、よかよ。誰にもUFO言わんけん。UFOでロクな事もなかった。だから、こんな話をするのも30年ぶりになるだろう。僕のUFO目撃体験はこんなところです。過去に書いた記事の中でも初めて書いた話。信じるか信じないかは…。

お父ちゃん
お父ちゃん

緑の高速物体は盛り上がったなぁ

吊り橋効果も相まって

Kくんとはめちゃ友だちになれたよ

UFOは信じるけれど宇宙人は地球に来ない

僕は基本的に宇宙人の存在を信じていません。地球外知的生命体の存在はあるでしょうけれど、彼らが地球に訪れる可能性はゼロに近いと思っている派です。だってそうでしょう?、好戦的で、我がままで、身勝手な生物の住む星に来たいと思いますか?。見つかったら最後、めっちゃ攻撃されそうです。それでも地球を目指すのなら、それ相当な科学技術を有している事でしょう。だったらどうします?。一気に攻め込んで支配される。これも嫌だ。そんな理由からUFOはどこかの国の秘密兵器、もしくは、自然現象の何かだと割り切っています。それでも見てしまったUFO。あの頃の僕はどうかしていたのでしょう。たぶん、木曜スペシャル、11PM、矢追純一さんの影響が大きかったと思います。天を仰いでUFOを探す―――それはそれで幸せな事ですけれど。

サヨリさん
サヨリさん

そんな事はにゃいにゃん

宇宙人は地球に来てるにゃん

NNNを通じて…

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました