iPadにキーボードを繋ぐと…

Amazon
iPadにキーボードを繋ぐと文字入力が楽になるのかな?。
でも、お高いんでしょ?。

そんな理由からiPadでブログを更新していながらもスルーしていたキーボード。iPhoneとは違って画面サイズが大きいのと、画面をタッチする入力方法にも慣れてしまってキーボードなんて別に要らないだろうと。

どうせ、お高いのだから…。

だがしかし、Amazonで調べてみるとお安かったので気持ちがグラつきました。なので、早速お取り寄せしてみました。ちなみに、この記事はお取り寄せしたキーボードを使って書いています。

スポンサーリンク

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード」がやって来た!

お値段で飛びついた「Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード」。貧乏人の安物買いになってしまうのか否か。モノを見て、触れて、使ってみないとなんとも言えません。何はともあれ使わなければデス!。

それと、iPadのカバーと一体型のキーボードも販売されています。そうすると、iPadがノートパソコンのように見えて格好いいとも思うのだけれど、僕はそれではタブレットの良さが死んでしまう気がするので、敢えてワイヤレスキーボードを選択しました。

スポンサーリンク

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードの外観は?

キーボードの外観は、Amazonの商品説明写真のとおり。全くもって写真のとおりなので、カフェでノマドワーカーをしていても恥ずかしい事はありません。ただ、実際に文字入力を行うとお値段なりの使用感だと思います。

キーボードの使い心地は?

僕のはブログ更新をメインで使うので、ワードプレス限定での使用感を書きます。普通に記事を書くだけならば、画面入力よりも遥かに作業速度は向上します。キーボードの配列がmac仕様なので、Windowsユーザーには最初戸惑うかと思いますが、しばらく使えば慣れてしまうでしょう。テキスト入力に関しては満足しています。

Amazonのレビューを読むと、キーボードを打つ音が大きいとの指摘が多数見受けられましたが、僕はそれは全然感じられませんでした。逆に、この音で大きいって?。2,000円キーボードなのですからそれは酷な話です。ただ、それなりに打音はありますので、音に敏感な方の購入は避けた方が良いでしょう。

ここからは不満点。

最大の不満点はエンターキーが小さな事。エンターキーは頻繁に使うボタンなので、もっと大きい方が理想的です。これは慣れで克服するしかありません。

ワードプレスの更新をSafariで行った場合、書き始めには使えていた矢印キーが使えなくなります。矢印キーは文章中の範囲選択で頻繁に使うので、使用不能になるのは痛いです。文字数が少ないと使え、文字数が増えるにつれて具合が生じる現象は、Safariからの記事作成では至極当たり前の現象なのでキーボードに罪は無いのだけれど残念でした。

従って長文を書く場合、メモ帳でガンガン記事を書いてから貼り付ける方が無難なようです。

スポンサーリンク

総合評価として

元々、問題山積みなiPadからのワードプレス更新なので、Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードには罪はありません。裏を返せば、通常の使い方であれば問題なく使えるような気がします。iPadのタッチキーボード入力に慣れていたと自負していた僕も、ワードプレスキーボードを使うと、その便利さと落さが実感出来ました。

Safariからの記事更新には幾つかの問題が分かりましたが、一気に記事を書き込む時はメモで文章を作ってから貼り付けする事で解決しようと考えています。この問題は、どんなに高級なキーボードを使ったとしても解決出来ないお話なので、お値段から考えれば良く出来た商品だと思いました。

Safariからワードプレスの更新作業は、数年前から比較するとiPadの性能も上がり、ワードプレス側の改善もあって、格段に作業効率は向上しています。今も多少の不満もあるのだけれど、そのうち問題も解消されると考えています。それまでは、

まぁ、まぁ。気長に待とうよ!

ですね(笑)。

【追記】

キーボードの矢印問題、入力画面をビジュアルからテキストへ切り替えると正常に動いてくれました。それでも特に問題は無いので、テキストで記事を書いてから装飾しようと思います。