ポメラのQRリーダーが地味に便利

ポメラDM100 QRコード
PC・タブレット・スマホ

ポメラ、ポメラとブログに書いていると、リアルでポメラの質問を受け始めた。

  • ポメラって良いの?
  • ポメラって使える?
  • ポメラ見せて?
  • ポメラ使わせて?
  • ポメラのQRコードって使える?。

───この子たち、僕の記事を最後まで読んでくれてる?。QRコードの詳細は書いてないけど。それと、ポメラは絶対に貸さないから。

僕はポメラを気に入っているけれど、誰もが気に入って使い続けるとは限らない。僕にとってのポメラの魅力は画面の見やすさだけ。目が疲れないから手放せない。それだけの理由でポメラを見せびらかしている。

───そもそも、ポメラでは何も出来ない。

だから、買っても物足りなくなる。漢字変換が苦手なテキスト入力装置なんて要る?。いずれ、イラっとしてパソコンやタブレットに戻るから。

手書きで文章な人ならアリで、キーボードが苦手なら無し。40代ならパソコンの方が作業効率高いから。ポメラは眼精疲労の呪いから、逃げられない人向けテキスト入力装置なのである。

───何も出来ないからこそ、執筆に集中できるらしいよね。

それも一理ある。

けれど、普通に使い続けられる人は一握り。記事を書く時の調べ物は必然で、必須で、必修である。全てをポメラで完結させられるのは、経験に基づいた記事を書く場合に限定される。言葉、文字、事象などに精通した文章の達人ならポメラで完結出来るけれど、それって逆にしんどくない?。

僕は、スケッチブックにマインドマップを作ってから、ポメラに打ち込むスタイルである。元々は、長時間画面を見るのが辛くて始めた苦肉の策で、画面が苦にならなければ、こんな手間な事はしない。以前のようにデュアルディスプレイ環境の方が嬉しい。

ポメラを使っていても、情報収集にはiPadが必要不可欠。記事ネタにも、毎日、困っていて、書き始めるまでに1日の大半を費やす。だってそうでしょう?、感動出来るカップ麺にでも出会えればガンガン掛けるのだけれど、そうそう、そんなカップ麺にも出会えない。

今日もお試しでカップラーメンを購入して食べてみた。普通に美味しい、でも高い。半額だから試してみたけど、定価は250円を優に超える。僕の価格の基準は讃岐うどん。250円もあれば、少し足してうどん屋で食べた方が満足度が高い。満足出来ないモノは記事に書けない。100円以内なら書けるけど。

───写真撮影までして…ボツ。

たとえ、コスパが悪くても、そこの昭和の香りがしたとか、他にはない特別だとか、飢餓状態で何を食べても旨いだとか。そんな条件が重なれば、良い感じで感想が書ける。今日のはそれが無かった。つまり、誉められない。個人ブログでは、基本的に何を書いても構わない。

でも、愚痴はいけない。

───そうそう、ポメラ、ポメラ。QRコードの回答ね。

ポメラのテキスト情報はiPod touchのQRコードリーダーアプリから読み込んでいる。当初、この方法が面倒にも感じだけれど、iPadからワードプレスを更新している使い方なら全然ありだった。ポメラ初日にQRコードリーダーアプリをインストールして毎日使っていて、不都合も、不具合も感じていない。

ポメラで書いた文章が、iPadの純正メモアプリと同期出来たなら、それが最も理想的だと思うけれど、QRコードで読み込む手間は、予想よりも負担に感じられなかった。それは、ポメラDM100の画面横にQRコードの物理ボタンが設置されているからだ。

ポメラDM100 QRコードボタン

記事を書き終え、読み直してから、QRコードボタンを押す。瞬時にQRコードが表示され、それをiPod touchから読み込む。読み込んだ情報を純正メモアプリに変換すえば、iPad側のメモアプリと同期される。

文字にすると面倒そうだけれど、記事を書き終えた儀式のつもりでやり始めると苦にもならない。全く別の動きから、気持ちが切り替えられような気もする。

とうわけで、ポメラのQRコードの説明は、これでよろしかったでしょうか?。君たちは若くはないけど、僕らよりは全然若い。

───瞳が元気なのだから、PCで十分だと思う。それでもというのなら、引き留めなどしなけれど、不要になったら僕に譲って欲しいな、格安で(笑)。


キジとら - にほんブログ村