うちのニヤンコはコタツの上がお好き 

うちのニヤンコはコタツの上がお好き 
うちの猫の話

───猫はコタツで丸くならない

それを知ったのは、愛猫サヨリと過ごした初めての冬だった。コタツの住民と化した猫は中で何してるのだろう?。

興味本位でコタツ布団をめくると、そこはトロピカルムード満点の南国だった。ビーチで寝転ぶ女豹のようで、ビョーンと脚を伸ばし、寛ぎ倒し、強い目力で僕を睨んだ。

───若き日のサヨリさんは美人さんだった

雪やこんこ♪あられやこんこ♪

幼少期から刷り込まれた常識が、ガタガタと音を立てて崩れるのを感じながらも、「あら、可愛い」とほくそ笑む僕がいた。

───猫はコタツで丸くならない

十年以上も昔の話だ。

それからコタツがサヨリさんの冬の城になった。寒ければコタツに入り、暖まると僕の膝で転がる。その繰り返しが十年以上つづいた。

───しかし、この冬はいつもと違う

コタツの天板で過ごす時間が長くなる。ノートパソコンの裏から僕を監視し始めた。それは何故なのか?。その秘密は天板の特性にあった。

───僕のコタツの天板は、凄く熱くなります

うちのコタツの天板は熱い!

僕のコタツの天板は熱い。ちょっとした床暖房で、アイスクリームやチョコレートなどは置いておけない。直ぐに溶けてしまうほど熱くなる。

タンスのゲンのコタツは、元々、そういう仕様だった。購入前に読んだAmazonレビューにも書かれていたし、購入直後の記事でも検証した。天板に手のひらを当てると、ビックリするほど熱くなった。

───彼は今頃になってそれに気付いたらしい

コタツの中が暖かいのに決まっているのに、わざわざ天板の上で時間を過ごす。僕がノートパソコンで何かしら作業をしている時は特にそう。

最初はミルクの催促から始まった。コタツの天板から僕を睨む。5分、10分、15分、、、。僕が要求に気付くまで諦めない。

───強い意志がそこにはあった

ノートパソコンの裏から僕を監視する猫

───折れない信念と諦めない心

そんな事が数回あって、天板の上の居心地の良さに気づいたのだろう。この冬、僕と過ごす大半の刻を彼は天板上で過ごし始めた。もう対面、ずっと面談。それと同時に、僕の膝の上ががら空きになる。

───軽くなった膝が少しさみしい

画面の右側には、当たり前のように彼の顔半分が並ぶ。最初は猫の視線が気になっていたのだけれど、今では壁紙の延長線。画面の横に小さな顔が見えないと、何かしら物足りない。

───膝の上か?、天板の上か?

コタツの上で眠る猫

次の冬。

彼はどちらを選ぶのだろう。

参加ブログランキング

 にほんブログ村 にほんブログ村へ


キジとら - にほんブログ村