「更新に失敗しました。 データベース内の投稿を更新できませんでした。」悪夢のメッセージの原因は鬼滅の刃の竈門禰豆子

ワードプレスの地獄メッセージ「更新に失敗しました」インターネット・SNS・ブログ
インターネット・SNS・ブログ

「更新に失敗しました。 データベース内の投稿を更新できませんでした。」これ、ヤバいって、出たらあかんヤツやって、貞子か!貞子の仕業なのかっ!。(わたしがやって、竜二さんがしなかったこと、わたしがやって、竜二さんがしなかったこと、わたしがやって、竜二さんがしなかったこと…)。それは、映画リングのラストで松嶋菜々子のセリフ。僕の頭の中でそのシーンが幾度となくリピートされる。これを恐怖と言わすして、何を恐怖と呼ぶのだろう。

それは「更新停止に陥ったブロガーは、ブログ記事の記事を書くと更新速度が跳ね上がるのでやると良いよ」という記事を書いている時に起こった。そして僕も怒った。今日の気分はiPadで、メモと使って下書き作業。記事を書いたらサファリを起動。ワードプレスの管理画面にペタリと張り付けた瞬間の出来事。

僕のような凡人に、鬼滅の刃や呪術廻戦、はたまた東京タラレバ娘のようなドラマチックでセンセーショナルな人生を、神様は僕には提供してくれませんでした。何も起こらない日々の連続の中で何を書けとおっしゃるのでしょうか?。些か疑問に感じる今日この頃。

更新停止に陥ったブロガーは、ブログ記事の記事を書くと更新速度が跳ね上がるのでやると良いよ」より引用

やれやれ…神様のいたずらにも困ったもんだぜ…でも「真実はいつもひとつ!」。直感的に僕の名推理が犯人を特定する。キミしかいない、犯人はキミしかいないのだよ、ワトソン君、

犯人は、All in One SEO。それは昨夜導入したプラグイン。あるんだよね、プラグインを入れた後に…。でも今回はお痛が過ぎたね。丁重に葬ってさしあげよう。ホホホホ…。

スポンサーリンク

更新失敗の真犯人は鬼滅のあの娘

iPadからAll in One SEOを速攻で停止。これで問題解決。「ざまぁ~みやがれ、削除してやる!」。意気揚々に作業続行。ん?…「更新に失敗しました。 データベース内の投稿を更新できませんでした。」「更新に失敗しました。 データベース内の投稿を更新できませんでした。」「更新に失敗しました。 データベース内の投稿を更新できませんでした。」何度やっても更新不能。ははははは…All in One SEOさん、犯人じゃなかった。

背中を伝う汗が冷たい。冷たいな、あれ?…夏日なのに、冷たいぞ。ともあれ状況は悪化したと考えた方がいい。この件の本丸とはどこか…データベースって、あれが、ドラクエの呪文を忘れたくらいのアレに直面したのか?。いやいやいやいや、ないないないない…。条件反射で僕に泣きつかれるGoogle先生。いつもお世話になっています。お会いできてだいぶ光栄です。教えろよGoogle、問題解決してみせろよ。

「更新に失敗しました。 データベース内の投稿を更新できませんでした。」検索ポチリに被る勢いで領域展開。ボワンという音と共に犯人が明かにされた瞬間、あるよ、思い当たる節がメッチャあったよ。真犯人は鬼滅の刃のあの娘。貞子じゃ無くって禰豆子だった。教えてくれたのは「クラベル」さん。

これらのエラーが発生する文字の例を確認してみたところ、以下のようなものがありました。最近の話題だと鬼滅の刃の「竈門禰豆子」の中にエラーが起こる文字が含まれているので、鬼滅の刃ネタでブログを書いているときなどにこの症状に気づいた方もいらっしゃるかもしれません。

【WordPress】『竈門禰豆子』が保存できない? エラー「更新に失敗しました。データベース内の投稿を更新できませんでした。」の対処方法

僕が文中で禰豆子を使った部分は二か所。

「この水…飲めるのに…」食器を洗うたびにいつも思う。倹約家だとか、ケチだとか、地球を守りたいとか、禰豆子は可愛いだとか。そんな主張をする気など更々無いのだけれど、勿体無い気がしてならない、凄く、もの凄く。この感覚、洗濯機ともなれば更にストレスを感じます。

更新停止に陥ったブロガーは、ブログ記事の記事を書くと更新速度が跳ね上がるのでやると良いよ」より引用

幸いにも「記事を書いて、よろしくってよ♡」というフォロワーさんの記事から、独自に記事を起こす経験をさせて頂きました。この経験は想定以上に大きな結果をもたらします。アクセスが上がったとか、SEO的に有利になったとか、フォロワーが爆発的に増えたとか、バスったとか、やっぱ禰豆子は可愛いだとか。

更新停止に陥ったブロガーは、ブログ記事の記事を書くと更新速度が跳ね上がるのでやると良いよ」より引用

アニメ版鬼滅の刃もみたし、彼女も実際に可愛かったし、うまく落ちそうだったし、まぁ…流行りだし。いつか文中に登場させたいワードだった可愛い娘。レイ、アスカ、長門有希、長澤まさみ、綾瀬はるか…問題が発覚してから色々考え、そして悩んだ。けれど今は違う、そうじゃない気がして愛猫サヨリの名前に入れ替えました。記事の変更も止めました。サヨリさんは可愛いのだから。

今回はクラベルさんとこので別案された「竈門禰豆子」を記事に使用しています。マンガ記事、アニメ記事、トレンド記事を書いていて、忌まわしき「更新に失敗しました。 データベース内の投稿を更新できませんでした。」メッセージが出たら、文中の文字を疑ってみては如何でしょうか?。下手にデータベースの中を先にみて失敗でもあれば、目も当てられませんからね(笑)。さらに詳しく機種依存文字についての考察記事でしたので、さらに深く真実を知りたい方は「クラベル」さんのブログでご確認下さい。

タイトルとURLをコピーしました