犯人は誰?iPadの黄色い電池表示は故障では無い!

iPadの黄色い電池表示は故障では無い!
PC・タブレット・スマホ

ブログランキング・にほんブログ村へ 

───すぐに来て!、来れるやろ?

すぐは無理、今日は無理、明日だって微妙だった。

あのね、貞子だってビデオを見てからクルまでに、それなりの準備ってものが必要なの。人気者だから、今も昔も一週間待ちは当たり前。彼女だって、井戸の中で遊んでんじゃないから。乙女だからね、ほら、化粧メイクとか、衣装とか、身だしなみとかあるでしょ?。出会ったその日にどうこうなるほど、貞子は尻軽女じゃない、つーの。それは、僕も同じだよ。

───潔癖にして、堅実にして、ド真面目過ぎるホラークイーン。貞子は一週間後に電話を鳴らす。

そこには、奥ゆかしさとか恥じらいってものしか感じない。古風な大和撫子やまとなでしこなところが人気の秘密。ところがどうだい、この爺さん。10分おきに着歴を残す。チョットしたストーカー気どりか?。どんだけ僕と呪術廻戦したいの?。ヘイ、ヘイ♪。70を過ぎた頃から、”せっかちなかたつむり”が止まらない。

───爺さんとの付き合いは古い。

初めて会った頃の爺さんは、今の僕の年齢よりも若かった。僕も20代の終わり頃だったっけ。そう思うと30年来のお付き合いですか。時の流れは早いですね。でも、これはこれ、それはそれ。僕のドS心に火が付いた。面白いから、しばらくじららそう。十分に焦らしてから電話を掛け直そう。

───あれが、緑。それ、ほら、黄色。おかしいんや!。分かるやろ?

うん、分からん。おかしいのは…アナ…いや、何でもない。

コナン君だって、はじめちゃんだって、この事件は分からんと思うぞ。主語も述語も無いんだもの。あれと、それと、これと、ほら。長年の付き合いの経験則から察すると、どうやら、ナニiPadの調子が悪いようだ。分かった上で「は?」「へ?」を僕は繰り返した。そうしていると爺さんのイライラが沸点を越えて、殺し文句が飛び出した。

───ワシにはもう、時間が無いんじゃ!

それは分かる、二つの意味でな。

スポンサーリンク

ここが黄色いさくらんぼ

───成就が先か、成仏が先か…

まくし立てられるように、僕は爺さんの元へ向かった。あれの正体は予想通りiPadだった。問題解消まで23秒。直ぐには帰してもらえ無い。もらえた試しは一度も無い。そこから30分の雑談というところか…。

───ここが黄色いやろ、黄色いさくらんぼやろ?

解説しよう。

エバ、マリア、ルナ、ユミ。これが分かるアナタ。そりゃもう、お友だちです。

1970年代、”ゴールドンハーフ”というアイドルグループユニットが人気を博した。彼女たちのデビュー曲の題名が「黄色いさくらんぼ」。”黄色い娘が、うっふん♪”の歌詞とメロディーが全世代に渡り浸透した。当時を生きた男なら、そんなの赤ちゃんだって知っている。

つまり、50代、60代、70代男性が、黄色いものに”さくらんぼ”を付けるのは至極しごく自然な事なのです。その点は察してあげて欲しいと切に願う。

要するに、電池マークが黄色いさくらんぼなのが気に喰わないらしい。若葉色に戻せと執拗しつよう懇願こんがんする。そりゃ、デフォは緑だもの。黄色は、”低電力モード”に切り替わった証だもの。バッテリーを省エネしている色だもの。

───壊れるんか?、壊れたんか?、また金が要るんか?、なんでやぁ~!

iPadの設定を変えた犯人が、犯人なのに滅茶苦茶iPadを心配していた。僕は、ゆっくりと天井を見つめ、ため息をつきながらこう言った。

───犯人は、おっさんやで…

残り10%を切った時に低電力モードの切り替えメッセージが出たのだろう。”低電力”の文字に反応して「はい」を押したに違いない。つまり、犯人はアナタ。お前だ!。

───わしは悪くない、わしは何もしていない、わしは、わしは…

やかましいんじゃ!、ネタは上がってんだよ、科捜研かそうけんの女を呼ぶぞ、ゴラァ。良いから僕にそのiPadを寄こしなさい。僕は爺さんからiPadを取り上げ、”設定”を開きバッテリーの設定をデフォに戻した。

※注意:個人情報云々があるので、画像は僕のiPadのプリントスクリーンを使用しています。

───じゃ~ん!ミドリ色で~す

ス~っと、爺さんの眉間からしわが消えた。憑き物が落ちたかのように、iPadの画面を嬉しそうな笑顔でで始めた。ミドリ色の電池マークを指で擦りながら、爺さんは僕に問う。

───で、何でや?

やれやれ、本番はこれから…。

タイトルとURLをコピーしました