デジタルからアナログへ!iPad「メモ」をコンビニ印刷

コンビニ印刷
PC・タブレット・スマホ雑記・覚書き

ブログランキング・にほんブログ村へ 

───誰にでも出来る事と出来ない事がある。キミに出来ない事は僕がやる。僕に出来ない事はキミに託す。だから印刷お願いね、ファミマっち!。

2021年2月。僕はプリンタを捨てた。以降、印刷作業の全てをコンビニで賄った。その理由は大きく3つ。

  1. 手持ちのプリンタが壊れた事
  2. ペーパーレス化に伴い印刷頻度が激減した事
  3. 目と鼻の先にコンビニがあった事

すぐそこにサンクスは無い。代わりにアナタと コンビに ファミリーマートがあった。コンビニ印刷の初体験はプリンタが壊れた時。ダメ元でUSBメモリに書類(PDF)を突っ込んで印刷を試みた。あまりに簡単で仕上がりも上々。目から鱗どころか鰓まで落ちて…息が苦しい。

それ以降、ファミマさんにはお世話になりっ放しである。

印刷するのはワードとエクセル限定。ノートパソコンでデータを作成しPDF化したデータをUSBメモリに保存。それを持って行くだけという単純な作業だった、夜中に変な気を起こすまでは…。

スポンサーリンク

───iPadメモのデータの印刷がしたい!

結論からすると、PrintSmash(専用アプリ)を使い、戸惑う事も無く、簡単に、短時間で印刷が出来た。PrintSmashのレビューでは、散々な事を書かれていたのだけれど、僕の場合はすんなりと事が運んだ。全く問題無く印刷出来た。その手順はマルチコピー機製造元のシャープさん公式サイトにお任せする。僕が書くよりも分かり易く画像入りなので分かり易い。

コンビニでPrintSmash(プリントスマッシュ)/SHARP
スマートフォンにある写真や文書をコンビニエンスストアでプリントできるシャープのアプリ「PrintSmash」(プリントスマッシュ)をご紹介しています。

で、『メモ』アプリで印刷した内容はユーザー辞書の全て。もうね、調べてみると500件を越えていて、使い熟せない語彙の数々に一堂唖然。アレだ…Google脳つーの?。スマホでググれば答えはそこに。だから脳が意図的に記憶しない現象。

人間の脳は容量の70%を使用していないといわれている。人間の持つ不思議な力は、この部分に秘められていると考えられている。その使用されることのない脳の70%はこう呼ばれることがある―。

テレビドラマ『NIGHT HEAD』より引用

じゃ無いけれど、僕の脳は99%がNIGHT HEAD。地球が誕生して46億年。人類が誕生して700万年。生物としての人間は「如何に少ないエネルギーで生き延びるのか?」をテーマに進化を続けて来た。その結果、何を食べても脂肪に蓄える身体を獲得し、脳は余計な情報を記憶しないようになる。

───女は上書き保存、男は名前を付けて保存

Windows98の時代からそう言われているけれど、男女問わず不要な情報は消されるように出来ている。それは僕も同じ。だってそうでしょう?、iPadが覚えてくれるのだから、僕の脳が記憶を拒否る気持ちが理解出来無いでも無い。その習性が僕にも発動されて、ブログ執筆の妨げになり始めた。そんな習性は修正しなければ!。

思い立ったが吉日。ユーザー辞書のデータをメモアプリにコピ&ペースト。暇があれば、それをiPadで眺めていたけれど脳が記憶を拒否。一旦、紙媒体にしないと僕の脳は覚えてくれない。そんな気がしてファミマで印刷。A4用紙にすると20数枚のボリュームだった。それを食事や休憩の時間でササっと目を通しす。記憶する必要は全く無いけれど、その言い回しやそんな言葉がある事は覚えてないと。

話はSEOへと飛躍するのだけれど、アレだ…、自分の記事がGoogleで上位表示される未来が全く見えない。逆に個人ブロガーの記事はドンドン下へ追いやられて、いずれ消え去る世界線なんじゃ無いのかとも思う。

───記事がインデックスされましたぁ〜!
───○○のキーワード、Google検索1位です!

そのスタンスから明るい未来が全く見えない。

日本沈没(1974)の田所博士じゃ無いけれど、『己の直感』を信じて更新頻度を上げる努力が必要なのだと思う。そうしなければ多くのブロガーがネットの底に沈むだろう。カンを信じてしばらく足掻いてみようと思う。

タイトルとURLをコピーしました