麺が多い!まつはまで肉うどん

まつはま 肉うどん
香川県・うどん・遊び場

───うどん、行こう!

このブログではお馴染みのフレーズ。週に何度も耳にするド定番のランチのお誘いだ。今日の移動コースから、瞬時に各々の讃岐うどんナビ起動。これまた、いつもの思考パターン。

───店舗、メニュー、混み具合

いつもはボンヤリしている僕らだけれど、この時ばかりは処理能力がクロックアップ。ドーパミンとか、β―エンドルフィンとか、アドレナリンとか。『刃牙』でお馴染み、脳内麻薬が止まらない。軽い興奮状態から今日の獲物を決める。

そして、投票。

───満場一致で、まつはまに決定

うどん屋 まつはまは、新潟県佐渡出身の店長が構える讃岐うどん店である。フィニッシュフォールドは「ながもぶっかけ」。「ながも(アカモク)」とは佐渡島特産の海藻である。ヒジキのように細かく、ワカメのような緑色、独特の粘りが特徴で、言わずと知れた、うどん屋 まつはまの看板メニューだ。

今日は晴天のうどん日和。店の前では石作いしづくりの招き猫がお出迎え。やぁ、久しぶり!。

うどん屋 まつはまの肉うどん

───今回は、ながもじゃなくて肉を注文

「ながもぶっかけもいっけどさ、オラ、今日は肉の気分なんだぁ。お昼からの為にりき溜めてねぇ~と、フリーザと戦えねぇからな。ヨシ!決めた!。ごめんな、今日、オラ、肉にすっぞ!」そう、僕の中の孫悟空がワイワイとやかましい。

僕の肉うどんは、今も昔も「かしむら」だけれど、まつはまの肉も中々どうして。麺の艶、出汁の色合い、牛肉のバランス。相変わらず映えっぷりだ。肉が麺を隠そうとする心意気が、もうね、前田慶次まえだけいじ漢気おとこぎを感じる逸品である。

まつはま 肉うどん

───まつはまの麺の量、多くね?

それは以前から思っていた。久米池うどんのボリュームまでとは行かなくても、僕の胃袋を満たすに肉うどん(小)で十分だった。

───今日はイケる!

少し欲を出しておむすびを探したのだけれど、おむすびちゃんは、厨房の中で握られてる最中だったので諦めた。「それぐらいにして置きなさい」それは、ダイエットの神様からの啓示だったのかも知れない。だったらコロッケ、、、いや、何でもない。

───来世がんばれ!

まつはまの麺はやや硬め。ぶっかけ冷で食べると麺のコシがグンと上がる。のど越し、歯ごたえ、そうそう、コレだ。肉体労働の真っただ中。午後の仕事に備えてエネルギーをチャージする。うどんは飲み物。一気にすすって空腹を癒す。

───胃袋が炭水化物を吸ってる感覚がたまらない

いやぁ~、もう最高っすよ。

まつはま 肉うどん

牛肉は限りなく甘く、その甘さは出汁へと侵食。総じて甘い。その甘さと熱々の麺が五臓六腑に染み渡る。冷えた身体にありがぇ~。

───ご馳走様でした

参加ブログランキング

 にほんブログ村 にほんブログ村へ


キジとら - にほんブログ村