パナソニック 炊飯器(SR-MC03)で牛すじで炊き込みご飯(半額引)

米国産牛筋肉(カレー・煮込み用)マルヨシセンター香川県・うどん・遊び場
香川県・うどん・遊び場

面倒見が良いのか、お節介なのか、姉貴肌なのか、嫌がらせなのか。なぜか目の前に『米国産牛すじ肉(カレー・煮込み用)by マルヨシセンター』がある。ご丁寧に半額シールも貼られている。「ブログの記事ネタに使ってね」と渡された。たまにある無茶振りという名のリクエスト。生ものはちと困る。愛猫サヨリは肉を食べない。焼いても固い。煮込むのも面倒。捨てようものなら僕の命の保証は無い。

目の前の牛すじ、膝の上にはサヨリさん。小さな頭を撫でながら、牛すじレシピを考える。頭に浮かぶおでんとカレー。いやいやいやいや―――無い無い無い。それは無い。もっとこう、手軽で、短時間で、美味しいの。電子レンジは無しで。

そう言えば、おもちゃの炊飯器があったよな。どっかにあったよな。黄色いコンテナ。その奥でPanasonicの炊飯器(SR-MC03)が転がっていた。もちろんガンダム色だ。炊き込みご飯ならイケる気がした。20分程度で牛すじが柔らかくなるのか。その疑問だけが残るが、人間、努力は必要だ。とりあえずやってみる事にした。

スポンサーリンク

牛すじ肉は炊飯器で米と炊くと普通に喰える

パナソニック 炊飯器 SR-MC03

こいつで炊き込みご飯を作ってみよう。笑っていいとも!でも炊き込みご飯の企画やってた。為せば成る、為さねば成らぬ、何事も。米2合に水を入れ、牛すじ、玉子、しめじを入れる。味付けは刺身醤油を使った。

炊き込み牛すじ飯(仕込み)

お試しだ。食えればそれでいい気分だった。何もしなかった理由を考えるよりも楽だ。おもちゃの炊飯器のスイッチを入れる。カチンと音がして小さなオレンジ色の灯りが光る。良かった…動いた。第一関門突破だ。

炊き込み牛すじ飯

しばらくすると、コトコトとお湯がたぎる音がし始める。20分もあれば炊き上がるだろう。と、冷蔵庫の中のニンジンを思い出した。入れちゃえ。この際だから、何でも入れちゃえ。はじめちょろちょろなかぱっぱ、赤子泣いてもふた取るな。そんなの知ってるよ。でも途中で入れた。どうでもいい…今日はそんな気分だった。そもそも、これでご飯を炊くのは初めてなのだから。不安しか無い。待っている間、HPバトラーの記事を書く事にした。想い出話なら20分もあれば書ける。暇つぶしに丁度いい。

炊き込み牛すじ飯(完成)

バトラー執筆が終わる、炊飯器のスイッチがカチンと上がった。ご飯はね、すぐに開けちゃぁ~ダメだよ。蒸らないと美味しくならない。記事を仕上げるまではロスタイム。さらに20分蒸らした。炊き上がった炊き込みご飯。見た目は悪く無かった。予想以上に上出来に思える。熱々だった炊飯器もお手頃な温度にまで冷えていた。

割り箸を口に咥え、炊飯器の内釜をデスクの上に置く。サヨリさんは僕の膝の上から、興味深々と釜の中を覗いた。クンクンと臭いを嗅いで、やる気を無くしたように膝の上で眠り始めた。再び嫌な予感が目を覚ます。しめじを一本口の中へ。…イケるじゃん。普通に美味い。

続いて本丸である牛すじに箸をつける。もっと、こう、固いのかと思っていたのだけれど、食べられるレベルまで柔らかく仕上がっていた。刺身醤油の辛さと甘さも丁度いい。刺身醤油の代わりにだし醤油だったら、満足度も更に上がったであろう出来だった。

炊き込めるのなら鬼に金棒。米国産は固いんだわ。失敗すると辛いんだわ。その心配は解消された。あと、2~3回分の牛肉が冷蔵庫で眠っている。もう怖いものは無くなった。カレー、野菜スープ、寄せ鍋…この炊飯器は何でも調理できるらしい。

さて、次は何を作ってやろう。キチンとSR-MC03の説明書を熟読してから料理に挑もうと思う。そうだ、フランダースの犬でネロが食べていたシチューが良いかな。じゃがいもたっぷりの牛すじシチュー。作り甲斐もあるというもの(笑)。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました