ほっともっとのフライドポテト(130円・197kcal)を初試食

ほっともっと フライドポテト130円ぐるめ・試食
ぐるめ・試食

夏も序盤戦。外の埃にまみれて全身汗だく。もうたまらん。仕事帰りに銭湯の暖簾を潜る。脱衣所で鏡に映る姿を見て絶句した。気が付かぬ間にこんがりと焼けた肌。湯舟の中でリラックス。サウナの中でもリラックス。BGMには愛のメモリー…。

お父ちゃん
お父ちゃん

顔と腕が松崎しげる色やん!
コーラ買って帰ろ

ローソンでコーラを買った。コーラだけでは寂しかった。ついでにほっともっとでフライドポテトも買って帰る。それは2021年の6月の出来事。夕焼けが真っ赤だった。猛暑は近い。

スポンサーリンク

初めてのほっともっとのフライドポテト

ほっともっと フライドポテト130円(アップ)

ほっともっとでフライドポテトが発売されたのは2009年。それから今まで何度もほっともっとを利用したにも関わらずフライドポテトは初体験だった。先日のファミリーナポリタンで心に誓った。

お父ちゃん
お父ちゃん

次はフライドポテトを食べてみよう

このままでは一生食べない気がする…

予定より随分と早く実行してしまったものの、コーラにポテトはベストパートナー。折角とついでにとの相乗効果というべきか。はい、魔が差しました。

ほっともっと フライドポテト130円(瀬戸の焼き塩)

ほっともっとのフライドポテト。お塩をお客のお好みで。後付の瀬戸の焼き塩で塩分調節をするシステム。僕は躊躇なくありったけの塩をポテトの中に放り込み、全身全霊を込め、左右上下に袋を振った。しっかりと振った方が美味しいという算段だった。

ほっともっと フライドポテト130円(さらにアップ正面)

ポテトの袋をフリフリし、額に汗が滲み始める頃に中身を確認。

お父ちゃん
お父ちゃん

今日はこれくらいで勘弁したるわ

池乃めだかのギャグを交えながらコーラーのキャップを捻じる。プシュっという音と共にコラーの香りが鼻をつく。軽くコーラを口に含み余韻に浸る。「普通、そこビールでしょ?」そんなツッコミが入る場面ではあるのだけれど、残念ながら、僕はビールが飲めない体質。飲まないのでは無くて飲めない可哀そうな子なのです。時折、コーラを飲むと背中が痛くなる症状が出るのだけれど、この日は気持ちよくアイフィール・コーク出来た。

ほっともっと フライドポテト130円(さらにアップ)

コーラで口を湿らせてからの初フライドポテト。初めましてキジとらです。愛猫サヨリのお父さんと呼ばれていまぁ~す。心の中でポテトとあいさつを交わしながらの試食レビューだった。

フライドポテトから連想されるものはマクドナルド。やはりマクドナルドを外してフライドポテトは語れない。とか言うものの、ほっともっとのフライドポテトはマクドナルドを意識して作られている。それを強く感じた。

お父ちゃん
お父ちゃん

マクドナルド寄りの味がする

どんなポテトでも、この形状で油で揚げればこの味になるのかも知れない。マクドナルドの味と若干違うと感じたのは太さの問題だろう。ほっともっとのそれは気持ち細く感じる。ポテトの固い部分へ歯が入り、その後に感じる柔らかい部分。つまり、脂の熱がとおった芋身が薄い。それがぶ分厚ければケンタッキーのポテトの食感と味に繋がるのだろう。ほっともっとのポテトはマクドナルドよりも薄く感じた。

味と食感の好みにもよるのだろうけれど、その点に少し物足りなさを感じた。けれど、コカ・コーラの甘さと瀬戸の焼き塩の辛さが舌先で交わると、それさえ関係ない気がするのも不思議です。価格もCalbeeのポテトチップスと大差ないのだから、近くにほっともっとがあればフライドポテトを買ってもいいね。そう思った銭湯上がりのひと時のお話でした。問題は、お弁当屋さんでフライドポテトだけを頼む勇気だな。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました