台風なのでiPadとポメラをBluetoothで繋いでみたら

iPadとポメラを繋ぐ
PC・タブレット・スマホ

───ポメラはBluetooth接続でキーボードになる。

知ってる、でもそんな使い方する人っている?。

だってそうでしょう?、ポメラをキーボードとして使うなんて金持ちの道楽である。あまり知られて無いけど、ポメラって何も出来ないクセにお高いんです。僕には銀河鉄道無期限パスくらい高嶺の花なんです。だから覚悟無しに手を出して良いガジェットじゃない。ポメラとは、レトロな液晶画面に覚悟と勇気と希望を託し、清水の舞台の上から飛び降りた意気込みで買うものなのです。そんなポメラをキーボードだけに使うなんて機械人間くらいのも..でも…これ、使いやすいぞ、哲郎???。

───台風だから大人しく。

ものは試しに台風だから。そんなぶらり散歩気分でポメラとiPadを繋いでみたらミラクル起きた。過去歴代キーボードの中でも飛び抜けた打感である。毎日ポメラを使い続けた慣れもある。でも、見て見てメーテル、キーボードの上で指が踊ってる。マイケルくらい指がフォー!フォー!言ってるよ。漢字変換が賢い、予測変換も賢い、画面が大きい。頭に浮かんだ言葉がリアルタイムで文字になる。思考の流れが止まらない。だからスイスイと打ち進められる。あっという間にここまで書けた。サヨリは今日も元気です。

───ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。

今日も更新遅れてごめんなさい、次の駅は、なまけものの鏡…。

iPadの執筆アプリは「文字数メモ」、ダークモードでガリガリ君、BGMはゴダイゴに決まってる。ポメラ購入は目の活動限界と脳の集中限界の延長を狙っての事である。車掌さんくらい優しい液晶画面が、僕の目と脳をサポートしてくれた。それが運命の別れ星だった。

───見える、見えるぞ!。

ポメラを使い始める以前と比べて目の調子が頗る良い。更に眼科で作った老眼鏡とのコンボは強烈で、「母さん、目が見えん!」そんな昭和のドラマのワンシーンが無くなった。ちなみに年寄りの「目が見えん」とは、小さな文字が読めない事象を指す。文字以外は普通に見えてる。これ敬老の日の豆知識な。

優秀なキーボードと賢い漢字辞書。iPadの漢字変換に対してクレームを謳う意見も事実ある。けれど僕にはこれで上出来。不満はカーソルの動きが遅い事。

───うん、地味にイラっとする。

入力速度に文句言ったら罰が当る。だからこそ際立つカーソル移動。設定で変わる?、変わったら良いな、変わらないかも、変わるかも。iPadの画面の向きも縦置きが良い
な。大昔の富士通オアシススタイルが好き。縦置きにするだけで景色が変わる、そこには999から見晴らす大宇宙。文体の見晴らしが俄然よくなる。横に長い文字列は読み辛のだ。慣れてしまえば問題無いけど。

新型ポメラDM250登場以降、旧型ポメラの価格が急高騰。こりゃ、手が出せん。所有のポメラが壊れた代案候補がコスパ重視でChrome book。その前にiPadでやってみたら正解だった。基本はポメラで書くけれど、iPadの辞書を鍛えて置いても損は無い。

敬老の日、台風14号接近中、ここは嵐の前の静けさ。

巨大台風の被害が懸念される1日ですが、本日もご安全にお過ごし下さい。

コメント

  1. ただのキーボードと昔のシム入れてない古いiPhoneで公園でブログ書いたりしてる身としてはポメちゃんが気になります。
    でもいがいと貴族のお値段だからなー

    • 多分ですけれどポメラのキー打感はその辺のノートPCよりも上だと思います。幾つかiPad用のキーボードも試しましたがやっぱりポメラが数段上です。貴族のお値段が庶民のお値段になればもっと普及するのにねー(願)。あと、ポメラは野外だと液晶は見やすくなるし、光量を上げる必要が無い分バッテリーの心配がないところは強いですね。

  2. 万人受けのしない限られた機能故に、使う人の限られたポメラ。こういうモノを使いこなす方って、なんか、カッコいいと思っちゃいます。キングジム。ジムの王様の名の通り、王様の道楽品か、執筆活動の必需品か。ところで旧型が高騰?、新型の立場なし?みたいな‥。愛用者がポメラに求めるモノと、新型は相違があったという事でしょうか?

    • そうなんですよね。今のポメラを1万5千円で購入した僕としては、ひとつ古い機種がその程度まで値崩れしていると踏んでいたのですけれど、逆に上がるなんて想定の範囲外でした。ブログしか書かない僕の立場なら新型にあまり魅力は感じませんでした。入力可能な文字数が小説家仕様になった程度でした。ポメラは価格の振り幅が大きいので、次の底値を狙い撃ちするつもりです。テキスト入力専用機ですから2万円が限界値ですね(汗)。

参加ブログランキング

 にほんブログ村 にほんブログ村へ


キジとら - にほんブログ村