ようこそ地獄へ!ブログと書いて孤独と読みます

ブログと書いて孤独と読みますインターネット・SNS・ブログ
インターネット・SNS・ブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ 

───今、ブログに関してアナタを勇気づける言葉を僕は持ちません。

初めて会った僕程度の言葉で、勇気が出たり、やる気が起きたりするのなら、それは本当の意味でアナタは悩んだりはしていない。それは実に喜ばしい事です。真っ直ぐ前を向いて、自由に、ダイナミックに、自分の直感と本能に従って突き進んで欲しい。今のアナタは無敵です。そんなアナタへ僕が贈る言葉は決まってる。

───ようこそ地獄へ!

夢と希望に満ち溢れ、記事を書き連ねる日々の始まり。テーマを覚え、プラグインを覚え、ライティングを会得し、SEOと出会う。そう、ラスボスじゃない方のサチコとの出逢い。それはブロガーに与えられた祝福と呪い。一週間、一ヶ月、半年。無反応が続く日々。輝かしい筈だったインターネットの向こう側。記事を書けども伸びないアクセス。100や200じゃ喜べない。目標は遥か先。

───ネットの世界に取り残された自分

そんな錯覚すら感じるでしょう。しかし、僕を含め、そこに人は存在します。息を吸い、息を吐き、飯を食べ、笑い、泣き、怒り、人を愛する。日常を生きる人たちは確実に存在ます。それを再認識した時、アナタはこう思うでしょう。

───ブログは孤独な作業

僕もそうでした。

今もそうかも知れません。かくもアクセスが増えないものか?。何を書けば良いのか?。これを続けていて良いのか?。焦り、もがき、苦しみ、そして諦め。多くの人々が挫折してゆく現実。アナタが #ブログ初心者 だった頃。そこで出会った同期の人は何人残っていますか?。初めてのツイートで、あんなにも集まったコメントと「いいね」は何だったのでしょう?。

もう、ブログは諦めても良いでしょう?。

───それでもやってやる!

続行だ!、独りでも続けて行く!、絶対に諦めない!、馬鹿にするな!。そんなアナタは、そりゃ、もうお友達です。僕にアナタを応援しない理由が見つからない。

───僕の固定ツイートにお知らせして欲しい

  • 記事を書きました。
  • 更新しました。
  • リライトしました。
  • ワードプレスでトラブル発生。
  • この企画どうでしょう。
  • 今日、こんな事がありました。

その実、何も出来ないかも知れないけれど。

でも、アナタの記事を読むくらい。感想を書くらいの事ならお安い御用。へのツッパリは要らんですよ!。僕がアナタの読者になりましょう。笑った記事、泣いた記事、共感した記事、そして良記事。このブログから被リンクのひとつもお見舞いします。Twitterからリツイートくらいなら朝飯前です。

は?。

LINEに友達登録、メールで相談、DMでお話し、サロンに入る?、それとも会う?。そんな邪悪はクソ喰らえです。オープンの場で全て完結させます。長文になるのなら記事に書いて回答しましょう。

ホームページ時代から培った僕の知識は伊達じゃない。その程度の引き出しは、お値段以上ニトリです。そして、用が済んだらさっさと僕から離れましょう。

だってそうでしょう?、その時、もうアナタは独りでは無いのだから。老兵と付き合う義理も義務もありません。やっぱり昭和世代だけは残って欲しいかな、寂しいかも…。

───最大の敵は孤独感

孤独感は負のスパイラル。ブログとは言葉で実感を伝える装置。記事を書くのがブロガーの宿命。続けた者だけにしか共感し得ない領域があります。それはアナタも同じでしょ?。家族、恋人、友人、同僚。話したくても話せない、伝えたいけど伝わらない、動きたくても動けない、書きたくても書けない。

最初は仲間的な人たちも出来るでしょう。3ヵ月後にはどうだったでしょう。1年後にはどうでしょう。アナタが付け続けた足跡なら誰かが着いて来るでしょう。諦めたらそこでゲーム終了。簡単、儲かる、誰でも出来る、禁断のライティング。ノイズに惑わされてはいけないよ。簡単にアクセスは上がらないのが普通なのだから。

頑張るアナタへ、最後のこの言葉を贈ります。

───アナタが生み出したアナタの記事は、どれも例外なくすばらしい。

次は、Twitterでお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました