全てが記事ネタ!誰もが知ってるお菓子がキジとら砲の材料

お菓子と猫インターネット・SNS・ブログ
インターネット・SNS・ブログ

ポテトチップス、サッポロポテト、うまい棒、おにぎりせんべい、キャラメルコーン、爺のお菓子 ココナッツサブレ…。愛猫サヨリがしげしげと見つめる駄菓子の山。これは今夜のディナーではない。こいつらは記事ネタだ。お年寄りから子どもまで。誰でも知っているお菓子をチョイスして買って来た。我ながら大盤振る舞いをしたと思う。遠足1.5回分の出費だった。

常連の皆様は「やっぱり、そう来たか」と思われるだろうけれど、アクセスの88.6%がニュービジターで構成されるキジとらで、「言わなくても、分かるだろ?心さえ通っていれば…」。昭和のドラマの阿吽の呼吸は令和では通用しない。心が通っていようと、通って無かろうと、全集中で日の呼吸。一定の説明・解説が必要な世の中で僕らは生きている。前回までの流れはこうだ。

スポンサーリンク

企業のホームページはトリビアの宝石箱

お菓子と猫

記事ネタ探しに疲れて企画を始めてみるも低迷期で落ち目。SEO対策に発リンクは必要なので、発リンク先をネットで探して記事に添える。ドメインパワーを考慮すれば大手企業へキジとらリンク砲を発射した方が有利なのは猫でもわかる。で、Calbeeのページを読み始めると―――なんやこれ!トリビアの宝箱や~と、世界の中心で彦摩呂がさけんだ!―――そういう事です。

テキストブログならガンガン書ける。食べてなくても記憶だけでもそれなりに。ポテチもうまい棒もココナッツもキャラメルコーンも、それくらい食べてきた。昭和の記憶だけあればそれでいい。十分補填可能範囲。だけれど、写真だけはどうにもならない。僕は普段お菓子を食べない。だって太るから。記事を書いたら一個食べよう。食べた分だけ新ネタを補充しよう。これでしばらく記事ネタ不足も解消される。

うどん一福 かけ二玉
うどん 一福

「うどん県に住んでいるのだから、うどんの食べ歩きでもしたら?」そんな声も聞こえて来そうなのだけれど、予算と時間と人間関係が大きなネック。そもそも、讃岐うどんは激戦区。名だたる「うどんモンスター」たちが、日夜、戦いを繰り広げるバトル会場。そこへ飛び込む勇気など、僕は持ち合わせてなどいない。ちょぼちょぼと駄菓子を食べて、ちょぼちょぼと記事を書く。僕にはそっちが似合っている気もしています。誰でも知ってる商品群。そのうんちくをぶっ込める所が魅力的。誰もが知ってるところが理想的。

だってそうでしょう?、食レポ記事の寿命は短い。新メニューが出たら即死。有名店ですら、今年のうどんと来年のうどんとの味の評価は大きく異なる。観光客は騙せても、僕らの舌は欺けない。例え同じメニューでも、絶品からクソ、クソから絶品…目まぐるしく評価は変わる。それは、うどん王国では当たり前の現象。ユーザーは過去よりも今を求めるものだから。厄介なのは、食レポを始めると情とか利権が嫌でも絡んで絡みつく。それが嫌で食レポへの特化ブログを止めた。遥か遠い昔の経験から得た教訓です。たまにうどんの話も書くのだけれど、素直に旨いとか、お得だとかを感じた店限定です。

次の記事ネタは決まってる。よきトリビアを見つけたCalbeeのポテトチップス。仕事帰りに小さいのをレジカゴへ。有名処も一緒についで買い。ココナッツサブレは非常食として持っていたもの。ポテチの次はココナッツサブレ(日清食品)にしょう。別名「爺のおやつ」呼ばれているらしい。1960年からの歴史あるお菓子だから公式サイトで新たなトリビアが拾えるかもです。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました