猫は読書中に本に乗って邪魔をする…それはKindleも同じ

読書の邪魔に入る猫お買い物・レビュー
お買い物・レビュー

ノートPCで作業するとキーボードの上で寝そべり。本を読めば本に乗って邪魔をする。ならばKindleで読書。高齢者へ推しまくっているiPadを開くとこのありさま。お気づきになられただろうか?。僕も全く知らなかった新機能のご紹介。胸がはちきれそうだった。

Kindleの邪魔をする猫

この位置に猫が手を乗ると、Kindleのページが捲れなくなります。ドヤ顔で僕を見つめる愛猫サヨリ。勝ち誇った顔がいとをかし。その可愛らしい頭を撫でながら思う。うちの子は天才なのかも知れない…嫌がらせの。

スポンサーリンク

Amazonで購入したkindle本は三浦哲郎と山本周五郎

iPadに前足を乗せる猫

本を買った。二冊も買った。少し背伸びをしてみた。紙に印刷された本では無くKindleの方。本屋へ出かけるのも面倒だし、本を買えば置き場に困る。時代はデジタル…そういう事です。一冊は三浦哲郎の「忍ぶ川」。おぉ〜、芥川賞受賞作品。文豪ですよ、ワープロじゃない方の文豪。

文豪と言えば、太宰治、芥川龍之介、夏目漱石、森鴎外、川端康成、宮沢賢治、菊池寛…。取り合えず、kindleで無料の漱石や龍之介などをひと通り齧ってみた。けれど読み込みが甘い。だから全然頭に入って来ない。というか面白くない…なんか…ゴメン。やはり読書は面倒だし文豪の小説へのハードルは高かった。

そんな僕が「読書が趣味です。テヘっ!」なんて口が裂けても言えやしない。底の浅いブロガーだけれど、それはそれで良いんじゃない。そんな気持ちの諦めも入っていた。別に小説家になろうって訳でも無いのだから。ドンマイ、ドンマイ。

とは言うものの、ブログの肥やしに読書は欠かせない。語彙力不足と文脈不足も否めない。YouTubeで役立つ情報もあるけれど、動画は頭の中に入らない。変顔とか要らないし、リアクション芸も要らない。極めつけは、質の悪い二段階CM。そんなの待っていられない。

結論として情報収集は読書が一番。理想は紙の本だけれど、本の置き場と機動力の高さからKindle中心で読む事にした。小松左京、眉村卓、新井素子、鈴木光司、西尾維新、谷川流。僕が読むのはホラーかSF作品限定。最近は読んでもラノベばかり。勉強にはなるのだけれど、それもそろそろ如何なものかと。そう思い直して美しい文章を書く作家を探す。何事にも優秀はお手本は必要なのだ。

「美しい文章を書く作家はだぁ~れ?」―――Googleで調べると浮き上がる三浦哲郎の名。フー・アー・ユー?。読書家の間では超絶人気。全盛期の大島優子を思わせて、放っておけない気になる存在。「流れるような美しい文章なら三浦哲郎でしょ?」的な濃ゆい空気にも背中を押され、そっと、僕は「忍ぶ川」を選んだ。

映画化もされた「忍ぶ川」。幸いにも僕は映画の内容すら知らず、白紙の状態から読み始める事が出来た。今、志乃さんが新婚旅行中のくだりだで、めっちゃ可愛いお嫁さん。彼女のセリフ回しがなんとも美しい。すっかり忘れてた「~ですの」言葉。お上品で、絶妙で、優しくて…。

一言、一言、上質な日本酒のように、男心に染み渡る。忘れかけてた奥ゆかしい女性の姿が目に浮かぶようだ。ザッツ、昭和。それが一行ごとに蘇る気がした…これ以上は書けないし書かない。今は令和。そういう話はアレだ…ご法度。言葉のシャワーは沈黙して心の肥やしにします。みなさま、ご察し下さい。

さて、もう一冊の本。それは歴史もので知られる山本周五郎。他でもない、西尾維新の「終物語(中)」で、神原駿河の読みたい本として挙げた一冊。題名の強烈さに心惹かれた気になる書籍。冗談半分で探してみると―――当たり前のように販売されていた。なので「忍ぶ川」と同時購入。気になる題名は「美少女一番乗り」。召し上がれ。

おっ、どんな話しだぁ?。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました