月曜日(畑の話)

月曜日(畑の話)

今年の種はサカタのタネで(笑)

月曜日は畑の話。  自家栽培の三年目。 ───そうだ! 今年はサカタのタネでやってみよう。  去年の畑の出来は控えめに言っても不満足だった。だって、そうでしょ? きゅうりと玉ねぎがさっぱりで、メロンに至っては全滅だった。右も左も分からない、一年目の方が満足できた。一年かけてがんばった土は、去年の方がよいはずなのに。収穫が下がるとはこれ如何に? 当然のように、一昨年と去年の違いを考える。気温? それとも降水量? 去年の雑草の生育状況は、近所でも凄まじいと評判だった。気温が高く、いい感じで雨が降ったからだ。よつぼし苺は枯れたけれど、しっかり雨は降っていた。つまり、植物にとっての生育環境が去年の方が...
月曜日(畑の話)

よつぼし苺のタネを買う(2024)

月曜日は畑の話。  うっわ!  これってば、運命の出会いってやつかい? 都市伝説だと思ってた。けれど、噂だけ耳にしていた。そんな〝よつぼしの種〟をホムセンでみつけた。よつぼしとは苺の品種名である。残りわずか二袋───城之内君、これからずっと俺のターンだ! こいつはレアもの買うっきゃない! 玄人の皮をかぶった素人が、サクッと種袋を掴んでレジへと向かう。これで夏の楽しみがひとつ増えた。よつぼしファンの友人がニンマリ笑顔で、今日もサヨリは元気です(笑)  てか。「よか、よか、よかよぉ~!」つーてね。きっと、今ごろ、アーニャわくわく! この記事を読んでいるに違いない。そろそろ、メールが届くだろう(笑)...
月曜日(畑の話)

今年のスイカはコンテナ栽培

月曜日は畑の話。  去年のスイカは中々よかった。瑞々しかった、甘かった。そして……割れなかった。これに尽きる。  小玉を4本、大玉を1本。  場所を変えて苗を植えた。大玉はホムセンで売れ残りの苗を買い、小玉は種を発芽させたものである。種はええでぇ~安いから。  接ぎ木苗がどうのこうの。そんな話もあるのだけれど、接ぎ木だってキチンと育つとは限らない。だったら数で勝負じゃないか。貧乏人には、種しか勝たん!で、今日もサヨリは元気です(笑)  みんな大好きスイカだけれど、スイカは最低3メートルの畝うねを必要とする。余裕を持たせれば5メートル。畝の端まで蔓つるが伸びれば、クルリとUターンさせるのだ。いや...
月曜日(畑の話)

真冬のイチゴ(よつぼし)

月曜日は畑の話。  冬の畑は寂しいな……毎日、寒い日が続くけれど、今日もサヨリは元気です(笑)  とはいえ、真冬の畑に変わった変化がまるでない。収穫もなければ、やることもない。寒いだけの日が続く。土づくりも、種まきも、畑を動かすのも少し先。去年は落ち葉を運んだけれど、今年はそれに費やす時間がない。  つまり、放置プレイ続行中である(汗) ───あのイチゴはどうなったんな?  そういえば、イチゴの話を書いてなかった。去年は初めてのイチゴ栽培だった。株の値段が高額なので、3株だけ買ってベリーポットで育て始めた。イチゴ栽培は、いつもの気まぐれであった。 ───わたし、イチゴ大好きなんです(笑)  よ...
月曜日(畑の話)

自家栽培、茄子とピーマンの越冬実験

月曜日は畑の話。  去年と今年。  まぁ、普通に畑に行けてない。去年の年末も今年になってからも、いい感じで雨がふる。狙ったように雨がふる。だから、天に甘えて過ごしている。畑に行くのは、週に一度あるかどうか。つまり、畑の最新情報がまるでなくて、今日もサヨリは元気です(笑)  そんな放置プレイの延長線上で、密かに栽培実験が進行中である。それもダブル方式で。そのどちらもが、友人がワクワクするような内容なのだ(笑)  ひとつは、上部の画像にあるように、ピーマンと茄子の越冬栽培。自然の条件さえ揃うなら、茄子は越冬するらしい。ピーマンはこの先どうなるのか分からない。けれども、なんちゅうか本中華。茄子もピー...
月曜日(畑の話)

畑のモグラ退治

月曜日は畑の話。  じゃがいもを堀った日、僕はゾッとした。  畑にモグラの存在を確信したからだ。こうなっては、気づかぬふりなどしてられない。前向きに対処しなければ、春夏野菜に悪影響が出る。さて、どうしたものか……。モグラ退治を知人に訊くと、モグラホイホイがあるという。筒状のアルミの棒だ。その仕組みはウナギを採る罠と似ている。筒の中に入ったら、もう二度と出られないアレ。ホムセンに行くと、1本千円ほどで販売されていた。  もう少し考えよう。  だって、そうでしょ? 誘惑の罠を使えばモグラが死んでしまう。キッスは目にするのもだ。無暗な殺生はよくない。それは、アナタも同じでしょ? ネットで〝モグラ退治...
月曜日(畑の話)

虫食いで諦めていた白菜を収穫

今日は成人の日。本日、晴れの日を迎えられた皆様。おめでとうございます(笑)───そして、月曜日は畑の日。  去年は、あまり畑に出ていない。 行かなかったのではく、行けなかったから。  仕事だったり、ブログだったり、小説だったり。あれだったり、これだったり。思い返せば、何かと何かに追われる日々だった。  師走に入ると何もかもが大詰めで、畑のことをコロリと忘れた。否、忘れていたのは、じゃがいもだった。というのも、雨が幸いしたのだ。いい感じで雨が降る。二日おきに雨が降る。僕の愛しのよつぼしも、水やりの心配すら不要だった。ラッキーにかまけていると思い出す───あら、ららららら。まだ、じゃがいも掘ってな...