吹き出しなんかやるんじゃ無かった―――WordPressクラッシックエディタが残した負の遺産

クラッシックエディタが残した負の遺産インターネット・SNS・ブログ
インターネット・SNS・ブログ

2016年当時。WordPressで吹き出しの表示は割と面倒だった。無くても良かったし出来なくても良かった。そんな事に手間をかけるくらいならページ数を増やした方が得策という判断だった。様々なワードプレステーマを使いSimplicityへたどり着く。そして時代はCocoonへと流れた。

Cocoonは高機能な国産テーマで吹き出しにも対応していた。画像を用意すればLINEでの会話のようなコンテンツの作成は容易だった。当時の感覚ならチャット風と言うべきか。この手は割と使えた。吹き出しを使えば記事を文章として考える必要がない。内容をキャラクターたちに会話させれば良いのだ。必然的に執筆速度は上がりページ数も増える。ページ数だけはザク並みに増えてゆく。

お父ちゃん
お父ちゃん

これが大きな誤算だった―――

スポンサーリンク

クラッシックエディタが残した負の遺産

クラッシックからブロッグエディタに切り替えると吹き出しが地獄絵図

他のテーマはどうなんだろう?。Cocoonではクラッシックエディタをブロックエディタに切り替えると面倒な展開に発展する。タグの必要な部分をコピーして新たに作り直さなければならいのだ。これは手間。手間と言うよりも作り替えた方が早い作業だった。そこに愛がないと…。

お父ちゃん
お父ちゃん

結論としてクラッシックエディタのままで放置
こんなのに手を出したら一日何時間あっても足りないよぉ―――

しかし、事態は一変する。再利用ブロックを使い始めたからだ。企画で書いた記事の文末に同じ内容の説明文を書いている。面倒に感じ再利用ブロック化。

企画記事

※この記事はTwitter企画『初めての企画もの?ブロガーさんの記事を記事します』に参加された方の記事からインスピレーションを働かせて書かせて頂いた記事です。情報提供された素晴らしいブロガー様のブログも是非ご覧ください。書かせていただきた記事一覧はこちらから

致し方ない…やろう…

中々のスグレモノで別目的での転用が始まった。僕は良くも悪くもこんな事には手が早い。そこで思わぬ誤算が発生する。過去に書いた記事で再利用ブロックが変な事になる。クラッシックエディタからブロックエディタへ切り替えると、吹き出しのイラストがヘンテコになる。ヘンテコリンだ。

謎のお姉さん
謎のお姉さん

両方生かすためには大規模リライトしかないんだよ
アクセスのある記事から順にリライトするしかないね
広告の張り替えと
写真も変えるべきところは変えないとね
ついでに吹き出しのイラスト変えときな

クラッシックエディタからブロックエディタに切り替えると手間が増える。過去の吹き出したちがゾンビのように攻めて来る。書きすぎた、アホのように書くんじゃなかった―――ご利用は計画的に。

お父ちゃん
お父ちゃん

―――そいう事です

リフォーム会社にフスマの張り替えだけお願いしたのに、畳、壁、床と工事の規模が段々と大きくなるように、キジとら内部では大規模な改修工事が始まった。誘導用の看板(バナー)も新規に作り、リライト作業中に貼り込んだ。そこまでして再利用ブロックにこだわる要因はひとつだけ。

謎のお姉さん
謎のお姉さん

本文中の最も有効な場所からメッセージが流せる。

それが一撃でメッセージを変えられる。こりゃ、たまらん

この構想は大きかった。勘の良いひとならお気づきだろうが吹き出しは目立つ。要所要所に再利用ブロックを忍ばせている最中だ。ブログランキングで試してみたのだけれど、あまり押してくれないので内部リンク用として使っている。ネットショップでも構築した暁には―――言うまでもない話。

痩せても枯れても1500を超える情報。いちから見直して行くだから正直ゴールは全く見えない。がしかし、Google SEOには重複禁止ルールが存在する。そう思えば、過去記事の見直しの時期に差し掛かっているのかも知れない。

サヨリさん
サヨリさん

それはさて置き、棚に置き―――

ブログで記事数は関係ないつーアドバイザーや、コンサルや、にわかかブロガーがいるけれど、それ、Googleに金払って広告打つやり方がだから。広告打った後で鬱にならないように気をつけてニャン♪。インターネットは椅子取りゲーム。椅子の数は増えないのにプレイヤー数を増やすて―――猫でも分かる結末にゃ。

仮に僕が成功者なら資質や才能を吟味して知恵と技を伝授します。一度、痛い目に合うのも勉強なので全否定はしないのだけれど、甘い言葉にはお気をつけ下さい。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました