のんちゃんのブログ王〝007 ゆいとのん〟

小説始めました

007 ゆいとのん

 ウチは最低の女だった。

 〝のん〟をいじめた。小学のころ、仲間といじめた。ジメジメいじめた。とことんいじめた。憎らしかったんだ。あの子。

 おとなしくて、頭がよくて、可愛くて。そのうえ、体が弱いものだから。男子も先生も、どいつもこいつも、あの子にばかりやさしいの。可愛いから依怙贔屓えこひいき? だからって、なんなのよ。超ムカつく。

 抜けるような白い肌と、男子を惹きつける顔立ちと、何よりもメガネから覗く、あの瞳が気に食わない。何よ、あのまつげ───長過ぎよ!

 あの子の何もかもが気に入らない。だから、メガネを隠してやった。あの子、ド近眼だから。分厚いレンズのメガネがないと、教科書だって読めないんだ。

 メガネを無くしておかわいそうに。それが、とても気持ちよかった。あーせいせいする。ウチの気分、爽快だった。一生、メガネ無しで困ってなさいよ(笑)

 でも、あの子。ぜんぜん騒がない。メガネがないことを誰にも言わない。先生にも言わない。あの子、メガネを外すと超絶美少女だから。それをずっと見られてるから。男子の鼻の下、めっちゃ伸びてた。バカみたいに伸びていた。

 それで、あの子も周りが見えてないから、見られてることに気づかない。だからみんなが、あの子の顔を眺めてた。見られ放題って、なんなのよ、それ?

 それが、めっちゃムカついた。あんたらさ、ウチの顔も拝みなさいよ。はっきり言って、あの子よりウチの方が美人なんだ。だから優しい一面も、男どもに見せとかないと。そう思って、ウチは話しかけたんだ。あの子にとても優しくね。

「メガネ無くしたの? だったら、教科書の文字が読めないでしょ? メガネ、ウチも一緒に探してあげよっか?」

 ウチの優しいは、意地悪でできている。ドロドロとした意地悪で。受け取んなさいよ、ウチの意地悪(笑) そしたら、あの子、何て言ったと思う?

「うん、ありがとう。でも、教科書の中身は頭の中に入ってるから大丈夫。帰ったら、お母さんに、スペアのメガネを出してもらうから気にしないで」

 だって。

 この子、ウチが犯人だって知ってるくせに、ぬけしゃーしゃーと、こんなことを平気で言うのよ。イケてないフレームの分厚いレンズ。そのメガネ、返すタイミングがないじゃない!

 何さ、教科書ぜんぶ記憶済みって? あんたAI? あんたロボット? あんたの人生、何度目ですか? 少しはもっと困りなさいよ! こいつ、こいつ、こいつ……あーーーーーーーっ、超ムカつく。

 ウチはそんな小学生だった。心の醜い小学生。でも、中学に入って世界が変わった。いじめのターゲットがウチに向かったのだ。あの時、あの子を一緒にいじめたやつら。そいつらまでもが、ウチを目の敵にし始めた───毎日が地獄だった。

 何が辛いかって? シカトだよ。クラス全員から無視される気持ち、お前らにわかる? アウェイの気持ちがお前らにわかる? だから、休み時間は別のクラスの友だちと話しをしてた───でもダメだった。

 ゴールデンウィーク明けの月曜日。ウチは全校生からシカトされた。相談する相手なんて誰もいない。群れからはぐれた女は孤独だ。男なんかにはわからない、女の世界は残酷なんだ。

───誰よ?───その女!

 どいつもこいつも、そんな目で見やがる……。

 先生だって? ウチの話なんて聞いてくれるわけない。あの人たちは、お仕事で学校に来てるんだ。だから、先生にとって、ウチの話なんて厄介なだけ。

 そんなウチを気にかけてくれる先生がいた───そんなドラマみたいな教師はいない。あんなのは、ご都合主義の妄想だ。適当に言いくるめられてそれで終わり。ドラマに出てくる教師なんて嘘っぱちなんだよ、現実は。

 いじめる側だったウチは、そのすべてを知り尽くしている。その心理も知り尽くしている。こうなってしまったら、何をやってもむだなことも。一学期、ウチは孤独の中で暮らしていた。

 その時だよ、ウチがいじめたあの子と目が合ったのは。すると、あの子はウチに微笑んで見せた。よほど気分がよいのだろう。あんなにもムカつく笑顔を、ウチは今まで見たことがない。呪ってやりたい笑顔だった。

 夏休みが明けても、ウチは学校に行かなかった。名前も知らない悪い奴らと遊びはじめた。中学校をブッチしてから半月くらいたってから、あの子がウチの家にやってきたんだ。

「ゆいちゃん、学校、来ないの?」

 ぬけしゃぁーしゃぁーとは、このことだ。あら、ご自慢のおメガネは? コンタクトにでも変えちゃった? あぁ、何もかもがムカつく。

「何しに来たの? ウチ、忙しいんだけど?」

「なんかねぇ、これ、学校のプリント。先生が持ってけって」

 きっと、クラスの全員が拒否したんだ。ウチの家に行くことを。ウチに会いに行くことを。去年まで仲間だったアイツらも、きっと、それを拒否ったんだ。

 ウチが何した? あんたらに何か悪いことでもした? ウチは絶対悪くない。なのにどうしてこの子がくるの? ムカつく、ムカつく、ムカつくんだよ。何もかも。

「わたしねぇ。ゆいちゃんいないと寂しいんだけどねぇ。だって、去年、わたしメガネなくしたでしょ? あの時、気づいてくれたの、ゆいちゃんだけだったの。一緒に探そうって言ってくれたの、ゆいちゃんだけだった。わたしねぇ。ゆいちゃんずっと待ってたんだ。学校に来ない? なんかねぇ、わたしじゃ嫌かもしれないけどねぇ」

 うつむきがちに、そう言ったんだ……あの子。ムカつく憎らしいあの子が、誰にも見向きもされないウチに、そう言ったんだ。バカなの? 死ぬの? ウチね、よくわからないけど、涙が出た。大嫌いなあの子に涙が止まらなくなったんだ。

「ごめんね、ごめんね、ごめんなさい……」

 あの時、あの子にそればっか……言ったと思う。あの子は困ったような顔してた。ウチの涙の意味がわからないの?

 あの子は、それを理解していなかった。成績いいのに、学年トップクラスなのに。こんな簡単なことがわからないの? それがウチには不思議だった。だから、みんなが惹きつけられるのか、あの子に。

「ウチ、メガネ取った……」

 そう言って、ウチは部屋に駆け込んだ。あの子のメガネ、まだ持ってる。だから、返さなきゃって思ったんだ。

「ごめん……これ、返すわ」

 あの子はキョトンとした顔をしてた。それでもまだ、何も気づかない天然だった。天然の域を凌駕りょうがした、超天然素材な娘だった。

「うわぁ~、あのメガネ。ゆいちゃんが拾ってくれたんだ。ありがとうねぇ」

 この子、生粋のド天然だ。ウチ、何だか笑っちゃって……中学に入ってはじめて笑った。この子は不思議ちゃんだった。去年と容姿が変わらない。成長期とか、思春期とか、そういうの。全くこの子から感じられない。なのに胸だけが、謎の成長過程に入ってる。おかしいでしょ? 胸だけよ。

 きっと、この子とウチが街を一緒に歩いたら、ウチは、お姉さんと間違われるだろう。まじまじと顔を見ると、どう見たって、幼い小学生の顔をしている。中学の制服が似合わない。制服が少しブカブカなところが、幼さを助長じょちょうさせている。

「バカ。あの時、ウチが取ったんだ。そのメガネ。でも、メガネが捨てられなくて、ずっと、引き出しの中に入れてたんだ。本当にごめんなさい。あんたをいじめて。あんたの気持ち、今ならわかる……」

「ゆいちゃん、わたし……いじめてたの? わたし、ゆいちゃんにいじめられちゃってたの? 知らなかったねぇ、それ」

 あの子は照れくさそうに笑っていた。つられてウチも笑ってしまった。心のつかえが取れた気分だ。今からでも、ウチはあの子と友だちになれるかな? それを訊くのが怖かった。でも、今じゃないとダメな気がした。勇気を振り絞って、今、言わなきゃ!

「こんなウチだけれど、ウチのダチになってくれる?」

「わたし、ゆいちゃんとずっとお友だちだと思ってたけどねぇ……ごめん、違ってた?」

 あの翌日から、ウチは学校に行くようになった。親友、のんちゃんに会うために。そして知ったんだ。

───のんちゃんのお月様の存在を。

コメント

ブログサークル