のんちゃんのブログ王〝019 最高の裏切り〟

小説始めました

019 最高の裏切り

 この1週間、俺は休む間もなく小説と格闘していた。人間の脳は、限界を超えると安全装置とやらが働くらしい。水曜日、俺は人生で初めてそれを体験した。何も考えられなくなったのだ。

───どうなった? 俺の頭……。

 予期せぬ脳からの急ブレーキに混乱した。こんなの初めて。全く頭が働いている気がしない。もう、何も考えられない。俺はその感覚に恐怖した。

「俺の頭がこんなんじゃ、今日の更新が不能になるかもしれないぞ……」

 その恐怖の矛先は、小説ではなくブログに向かった。俺が最も恐れているのは、ブログの更新が止まることである。

 ブログだけは絶対に止められない。のんは心配性なのだ。更新が止まれば心配するに決まってる。俺は今日の小説を諦めて、すぐさまメールチェックを開始した。のんが俺の異変に気づけば……。やっぱりだ、俺のかんは的中した。

 メールボックスに、のんのメールを見つけた。

───こんばんは。のんです。最近、疲れてないですか? なんだかそんな気がして心配です。わたしでは、何のお役にも立てないかもしれません。でもね、何かあったら何でも相談してください。生意気なことを言って、ごめんなさい。

 生意気じゃないぞ、可愛いぞ(笑)

 のんの言葉は魔法のようだ。のんのメールで俺の脳は覚醒した。今なら幾らでも書ける気がする。

───大丈夫ですよ、心配ないっす。

 俺はのんへの返信を書き、ブログを書き、小説に戻った。

 そうやって仕上げた三度目の正直である。3万字だった文字数も、その倍にまで膨らんだ。我ながらの自信作。もうこれって、このまま出版社にだって持ち込めそう、そんな気にもなる出来映えだった。

 これで次のステップに進める。ようやく先へ進めるのだ。意気揚々と審査を受け、俺は地獄に落とされた。

「残念ですが、今回は“×”ですね」

 予期せぬ人物からの、まさかの“×”が……。

 それは、アケミではなく桜木だった。この日、アケミの評価は“まる”だった。“×ばつ”の評価を下したのは、安全パイだと信じていた桜木であった。

───何でだよ!

 目の前が真っ暗になったと同時に、俺の頭に血が上った。

「何でだよ! これまでのアレは何だったんだ!!!」

 思わず俺は桜木の胸ぐらをつかんだ。

「サヨっち、落ち着け! カッカすんなって!」

 俺の両脇にオッツーの長い腕が巻きつき、そのまま体ごと後方へ引きずられ、ゆきはその場に泣き崩れてしまった。

「お前は、正義の味方じゃなかったのかよ!」

 オッツーの腕の力が緩むことはない。

「それはそれ、これはこれ」

 どんなに俺が抵抗しても、オッツーの巨漢はピクリともしない。オッツーに羽交い締めにされた俺を、桜木は冷ややかな目で見つめている。

「あなたの努力に一定の評価はします。誰に見せても恥ずかしくない作品だとも思います。この短期間で、しかも初めての作品で、この領域まで登りつめた。あなたの努力と才能は、驚嘆きょうたんにも値するでしょう。素晴らしいの一言です」

 桜木からの言葉は氷のように冷たかった……淡々と静かな声だ。

 素晴らしいなら“〇”をくれよ! 俺の怒りは収まらない。努力の全てが振り出しに戻ったのだ。そこに、口を割って入ったのはアケミであった。

「だったら何でよ?」

アケミの声が怒りに震えていた。あのアケミがである。

「この作品は基本どおりよ。キチンとルールどおりに書いてある。そして内容も面白いわ。サヨちゃんは初めて書いたのに、こんなの生み出してしまったのよ。これでダメなら全部ダメよ。桜木君、サヨちゃんに何か恨みでもあるの? ねぇ、あんた。反論あるなら言ってみなさいよ!」

 アケミの言葉にも、桜木は淡々と答えた。その目は冷淡そのものだった。この瞬間のために桜木は俺の審査を続けたのか? そう、思えるほど冷たい目だった。俺の親友の視線は死神の目であった。俺にはそんなふうに見えたんだ。

「アケミさん、あなたもアマチュアとはいえ、作家ならご理解できませんか? この作品には、スッポリと抜け落ちた部分があることを。僕は、これをかぐやちゃんに渡すくらいなら、いっそ1作目をお渡しした方が喜ぶだろうと考えています。アケミさんだって、それに気づいているのでしょ? 飛川君には、今が大事なんですよ! あなたは黙ってくれませんか?」

 桜木の鋭い視線に、アケミはハッとした顔をして口を閉ざしてしまった───あのアケミをひと睨みで……。

「飛川君。もう、時間がありません。次で最後にしましょう。僕からのアドバイスは、たったひとつです。飛川君が僕にくれた“畑の天下一武道会シリーズ”を覚えていますよね?」

 続けて桜木が俺に語る。さらに冷たいドライアイスのような低い声で。

「桜木が、俺に売ってくれって頼んだやつか?」

 それは、小学生最後の春休みに、俺がツクヨに書いた本である。

「そうです。あの本です。僕は今でも持っています。そして、今でも読み続けています。何故だか分かりますか? 飛川君」

「……」

 俺は、答えが分からなかった。

「あの作品には、その魅力があるからです。自分で自分の才能を潰さないでください! それを一番悲しむのは、彼女自身であることを自覚してください!」

 桜木の気迫に力が抜けた。俺は黙ってうつむいた。

「ゆきちゃん……大丈夫? もう、帰ろう」

 アケミは、床にしゃがんで泣いてるゆきを抱き起こした。

「大丈夫だよ、アケミちゃん……」

 ゆきの背中をさすりながら、アケミはゆっくりと教室を出た。その後、すぐに桜木も教室を後にした。

「オッツー、ありがとな。もういいよ……」

 俺はオッツーの腕をタップした。

「大丈夫か?、サヨっち……」

 オッツーが腕をほどくと、俺はその場に座り込んだ。呆然とぼんやりと、ボツになった原稿を眺めた。もう、最悪の気分だ。最後の最後に桜木が、俺から梯子を外すだなんて。俺には、それが信じられなかった。

「よっ!」

 ポンっと、オッツーが俺の肩を叩いた。オッツーは、カチッとベルトのスイッチを入れると、タイフーンが勢いよく回った。

───ギュィィーーーーン!

「サヨっち! 困ったときは、じいちゃんだ!」

 オッツーは、そう言い残して教室を出た。職員室へ教室の鍵を返しに向かう途中。2階の階段の踊り場から、誰かの話し声が聞こえた。でも、今の俺にはどうでもよかった。体が泥のように重くて吐き気がする。

 高校からの帰り道。

 誘い込まれるように、俺はじいちゃんの畑に寄った。どの道を歩いてきたのか? その記憶がまるでない。畑を見渡すと、じいちゃんが秋野菜を収穫していた。

 今の時期なら秋ナスか……。

コメント

ブログサークル