カルディの冷凍タピオカを飲んだつもりDE感想文

カルディの冷凍タピオカを飲んだつもりDE感想文インターネット・SNS・ブログ
インターネット・SNS・ブログ

透明な耐熱袋の中。チョコレート色の液体の中で泳ぐ白い玉。内袋を少し開きマイクロ波の中で1分と50秒。ゆっくりと刻まれる至福の時間。調理時間は600W2〜3分。でも、1分50秒がやっぱり好き。大きなカップに中身を移して、定番のミルクティーやココア。ほかに、抹茶ミルク、イチゴミルク、豆乳、甘酒…。その日の気分。インスピレーションで無限の味を楽しめます。

今日の気分は定番のミルクティ。大きなストローで口いっぱいに吸い込むと、小粒ながらモチモチの食感が面白い。「ありがとう!エルビス。ミシェルも飲んでみなよ!」ジェシーおいたん大興奮。BGMにはみんな大好き「ミッキーマウス・マーチ♪」。音につられて始まる甘さのディズニーエレクトリカルパレード。ミッキー、ミニー、プルート、ドナルドダック、ディジーダック、グーフィーにチップ&デール…。いえいえ、今の主役は黒糖です。手軽で、安くて、美味しくて、専門店に引けを取らない味に嬉しくて、嬉しくて、言葉に出来ない♪…長々と引っ張りましたね、タピオカです。

テレビでもYouTubeでもタピオカの話題で溢れた頃。僕のとってのタピオカは「信じるか、信じないかはアナタ次第!」まさに都市伝説に近い存在。だってそうでしょう?、僕のTwitterタイムラインは、寝転がり、寝そべり、ちゅーるを食べ、香箱をつくる。ずっと猫のターンでニャンコ大戦争!。そんな僕ですが、今回はフォロワーさんの記事を元に飲んだつもりで冷凍タピオカを語ります。

スポンサーリンク

幾多のタピオカを試し行き着いた先はカルディの冷凍タピオカ

「タピる」、「タピ活」、「インスタ映え」…2018年に端を発した第三次タピオカブーム。クレープ、ティラミス、ナタデココ、パンナコッタ、ベルギーワッフル、マカロンブーム 、生キャラメル、パンケーキ…。歴代のブームの中でもタピオカは特別な存在です。翌年の2019年はタピオカの一年でした。テレビ、YouTube、SNSでタピオカを見ない日はありません。それは絶頂期のピンクレディーでシャワランビューティー。分からない人は置いて行きます。

タピオカ専門店から行列が消えた2020年。憎っくき新型コロナの影響は女性の楽しみを奪いました。しかし、逆境の中でタピオカは更なる進化を遂げます。Instagramから始まった「#家タピ」。お家で作るタピオカドリンクからの逆襲。ネットの片隅から立ち上がる進撃の巨人。

タピオカの原料はキャッサバ。原産地は南米です。栽培技術も確立されています。従って入手は難しくありません。あまり知られていませんが、日本では冷凍うどんなどにも配合されているのだとか。隙あらばうどんは逃しません。

だた、大きな問題が残ります。それが加熱処理。市販されるタピオカは「乾燥」「冷凍」「生」の3タイプ。茹でたり、レンジして加熱する事で、お馴染みのタピオカパールへと姿を変えます。この加熱処理が悩ましい。手間を取る割に美味しくならない。その中でひとつの結論が、とある女性の手により記事化されました。https://koharuoto.net/blog-article5

家タピに求めたもの 「手軽さ」「美味しさ」「安さ」です。 生タイプは長時間茹でないといけなくて大変。 レンジで温められる冷凍ものがあってもレンジだとなんかボソボソ…結局茹でてたりしました。 あとは味の付いてないものだとシロップに長時間つける必要も。 そうして試した中でカルディが一番手軽で味もついてて、レンジ調理でも美味しかったです。 この点で他にもいいのはあると思いますが、通販と違って送料かからないし、そもそもタピオカ自体が安かったです。 条件すべて満たしてました。

本当に手軽で美味しいタピオカがカルディにあった!カルディの冷凍タピオカレビュー

記事の中で綴られるタピオカへの熱い想い。20代女性の優しい言葉回しが花を添えます。彼女はハンドメイド作家。石畳編みと呼ばれる手法で命を吹き込まれるハンドバックや小物たち。そして楽曲作家というもうひとつの顔も。今日もまた、作品制作の合間のタピオカドリンクが彼女の疲れを癒しているのかも知れません。詳しい情報は「こはるおとのホームページ」でご覧ください。

企画記事

※この記事はTwitter企画『初めての企画もの?ブロガーさんの記事を記事します』に参加された方の記事からインスピレーションを働かせて書かせて頂いた記事です。情報提供された素晴らしいブロガー様のブログも是非ご覧ください。書かせていただきた記事一覧はこちらから

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました