止まらぬ恐怖!突然のアクセス増加に貞子みが深い

止まらぬ恐怖
インターネット・SNS・ブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ 

───ストックが切れた!

今年のストックは今年のうちに。

2021年末、書き溜めたストック記事を放出した。お正月休みに記事を書き溜める作戦だった。愚かだった。甘かった。悪かった、悪かった、自分が馬鹿なの忘れてた。毎年恒例、親戚の集まり、自治会の集まり、正月三が日の間、僕の身柄は拘束された。

ブログを書く暇など無かった。書く気力すら無かった。大晦日に書いた記事でその場を凌ぐ。ストックの大切さが身に染みた。四日目、その記事も底をつく。

───同時期、ブログでは問題が発生していた

ブログへの異常なアクセス。正直嬉しい、雑煮が美味い。桁違いな反応を示すアナリティクスに歓喜した。しゅ、しゅごい!こんなの久しぶり。楽しくて、嬉しくて、アナリティクスのプリントスクリーンをTwitterに投稿した。いい正月だった、未来が明るく見えた、鼻高々だった。

ほくそ笑んだのも束の間、何時間経っても止まらぬ流入。1,000、2,000、3,000…10,000PV。高揚した顔色が徐々に青ざめる。呪い、増殖、貞子、お前の仕業なのか?。

背中から冷たい汗。

BGMには、feels like HEAVEN。Oooh~♪きっと来る、きっと来る、季節は白く♪───季節どころか僕の頭の中が真っ白だ。良くない汗が全身を包み込む。貞子みが深い….あ~不快だ。

───だってそうでしょう?

1月1日、「夢占い!初夢の「一富士二鷹三茄子」には続きがあります」1万PV/day越え。1月3日、「ー赦日と、一粒万倍日と、寅の日と!2022年の最高の吉日、最強開運日は3月26日(土)です」3万PV /dayを越えた。そろそろ、テレビのスイッチが勝手に入るんじゃね?。その後、電話鳴るんじゃね?。もうね、悪い予感しかしない。頭の中で、可能性を考えて、可能性を探す。

───Google砲、ヤフトピ砲、スマニュー砲、はてぶ砲

それともまさかの田代砲?。

未知のアクセスに肝を冷やす。貞子の呪いを彷彿とさせる増殖ぶりに悪寒が走る。雑煮が不味い。アナリティクスのリアルタイム画面を眺めながら策を練る。超えすぎだ、3万て。想定される異常値を遥かに越えている。貞子か?、やっぱりお前の仕業なのか?。僕がやった事、僕がやった事、僕がやった事。

PC画面の奥底に井戸が見えた気がする。そう、一ヵ所が掛けた井戸。

───原因を探ろう、浅川

アナリティクスで調べた。サーチコンソールでも調べた。分からない、何ひとつわからない。手がかりすら掴めない。つまり、原因不明。いつもそうだ、いつだってそうだ。こりゃ、数日以内にGoogleから警告が来るかもな。貞子よりも怖いやつ。分からないものは分からない。分からないから仕方ない。それはアナタも同じでしょ?。僕は絶対悪くない。

僕はそっとアドセンスの画面をみた。

───呪いのビデオだった、見るんじゃ無かった

気持ちを切り替え開き直る。

考えるだけ時間の無駄。なったものは仕方ない。まさに消えかけの線香花火、散り際が最も美しい。なるようになれ、アドバン喰らっても仕方ない。今、最優先されるべきはブログの更新。これだけは外せない。PCの画面をダッシュボードに切り替え執筆作業に取り掛かる。数日のうちに審判が下る事だろう。

───貞子の姿が一瞬だけ見えた気がした。

スポンサーリンク

睡魔の中で生まれる駄作

───深夜零時から記事を書き始める

タイトルは決めていた「火事が怖い!コタツの寿命と猫の暖房」。あとは記事を書くだけだった。正月疲れが容赦なく僕を襲う。まぶたが重い、頭が重い、何も考えられない。友だち以上1,000文字以上恋人未満2,000文字未満。通常2時間を要する下書きが1時間で終わる。

───睡魔がきつくて読み返す気力が無い

午前8時に自動投稿をセット。僕の意識は遠のいた。それからの記憶は無い。翌日、自動投稿された記事を読む。当たり前体操だった。当たり前の事を、当たり前に書いた、当たり前の記事だった。睡魔の中で生まれた駄作だった。

───つまらない、、、リライトが必要だ

この先、どうなるのか見当もつかないのだけれど、記事のストックを書き溜めておこう。もしも、この現象に再現性があるとすれば…。

───午前8時の投稿に何らかのヒントがあるのだと思う

全ての真相は未だ闇の中である。

タイトルとURLをコピーしました