金曜日(小説の話)

金曜日(小説の話)

さぁ、言葉遊びの実験をしよう

金曜日は小説の話。  これはひつとつの実験である。否、言葉遊びやセリフ回しの練習だ。僕には誰にも言えない悩みがあった。この実験は、僕のストレスへの〝はけ口〟と言い換えた方がよいかもしれない。  僕の悩みは小さいかもしれない。他人の目から見れば些細な気の迷いなのかもしれない。僕の悩みは文体である。己の文体への猛烈なコンプレックスに他ならない。  この人らしいよね───これが、僕の文章には無い。  例えば、漱石のような、太宰のような、西尾維新のような、加藤はいね女史のような……そんな独自の文体を僕は持たない。さしずめ僕の文体は、コピー忍者カカシ先生の写輪眼のようなものである。カカシ先生は〝雷切〟も...
金曜日(小説の話)

ブログ、小説、執筆集中できまへん!

金曜日は小説の話。  Xな、×(ばつ)ちゃうで(汗)  旧Twitterの方。おすすめで流れるタイムライン。近しい人か、フォロワーさんとか。そもそも誰だか分からん人とか……勝手に流れている方のタイムライン。  僕のタイムラインは、猫と、うどんと、小説を書いている人が多いかな? 一時期、ブロガーさんのもジャンジャン流れていたけれど、最近は新しい人が少なくなったのが寂しくて、今日もサヨリは元気です(笑)  で、ブログも、小説も、書くってことが主体なワケです。タイムラインでは、アクセスとか、いいねの数とか、売り上げとかがメインですけれど、書いてナンボの世界です(汗) で「これから書きます!」とか「3...
金曜日(小説の話)

腹は減っているくらいが丁度いい(笑)

金曜日は小説の話。  2024年1月30日。  朝から何も食べてない。どうしようかと考えたけれど、妙に体調がよいので夕方からも仕事を続行。 ───ワンオペの単純作業だから問題なし。  飯は終わってから食べればよいし、今食べたら眠くなる。しばらくすると、グーグー鳴ってた腹の虫も静かになって、今日もサヨリは元気です(笑)  午後4時から午後9時までの5時間、音もない小さな缶づめ空間で作業をこなす。やるべき作業は手が覚えてる。脳が暇なのものだから、頭の中で作文しながらゾーンに入る時を待つ。 ───キター!!!!  こうなると、止めてはいけない。今、頭に浮かんでいるのは、新しい小説のプロットだから。こ...
金曜日(小説の話)

僕が週2ペースで小説を投稿する理由

金曜日は小説の話。  土曜日は、ショート・ショート。 日曜日は、スピンオフ。  この投稿サイクルに固定したのには理由がある。相棒からは、たとえ短くても週二はプロでも無理があると言う。それは、僕の体を心配しての言葉である。ありがたい言葉である。それも理解した上で、強行策に僕は出て、今日もサヨリは元気です(笑) それをやるべき理由がふたつあったから。  ひとつ目は、書けなくなるから。 少なくとも週1回のペースで小説を書かなければ、ブログ王で鍛えた脳筋が衰えるからだ。たぶん1ヶ月も放置すれば、頭に思い浮かんだイメージを文章に出来なくなる。書き方すらも忘れてしまう。毎日のように部屋の鍵を探している、高...
金曜日(小説の話)

小説キャラの名前がいつも決まらない問題

金曜日は小説の話。  今さらだけれど、小説の登場人物の名前を決めるのは難しい。今となれば、難しかったと語るべきか? 昨今の小説は、キャラクターネーミングからして凝っていて、意味もあるし、響きもあるし、そもそも名前が伏線だったりと……考え始めると決まらなくて、今日もサヨリは元気です(笑)  僕はネーミングから書き始めることもある。名前からストーリーを展開させる決め打ちだ。けれど、それは極めて稀である。だから、話しの途中の雰囲気で名前を決めることになる。それまでは、彼とか彼女とか。俺とか私とかの名無しさん。物語を書きながら名前を決める。  短編小説「邂逅」はこの手法を取った。綱渡りをしながら書き進...
金曜日(小説の話)

#ホラーと小説は相性が悪い

金曜日は小説の話。 ───2024年1月15日(月)  X(旧Twitter)で〝#ホラーと小説は相性が悪い〟がトレンド入りした。僕はホラーを書かないけれど、師と仰ぐスティーヴン・キングは、モダンホラーの帝王である。  いったい何が起こっているのか……?  興味本位でハッシュタグを追ってみると、Xの中で様々な考察が語られていた。ホラーと小説との相性問題について。ホラーを書かない者は肯定し、ホラーを書く者は否定した。そして、読者の考えは多種多様。そりゃそうなる。  これは僕の主観だけれど、ホラー映画は精神のえぐり、ホラー小説は心をえぐる。言い換えれば、映像と文章とでは、本能と心のどちらを刺すか?...
金曜日(小説の話)

ウルトラマンと表記ゆれ

金曜日は小説の話。  小説、小説と言っても……だ。よくよく考えれば、小説(のんちゃんのブログ王)に対して腰を据えたのは11月と12月。僅か2ヶ月しかやってない。ショート・ショートや短編を加えても、まだ1年も経ってない。  まだまだ、短期間ではあるのだけれど、その経験は凝縮ジュース以上に濃厚だった。と言いながらも、時間の全てを執筆に捧げたわけでなく、仕事もあれば野暮用もある。つまり、隙間時間で書いていた。これで何を語れと思い始めて、今日もサヨリは元気です(笑) ───〝金曜日は小説の話〟そのカテゴリまで作ったのに、僕に小説の何が語れるのでしょう?  ブログと小説の書き方は違う。菅田将暉すだまさき...
金曜日(小説の話)

シン・ウルトラマンの作戦室が素晴らし過ぎて

金曜日は小説の話。  ブログでもそうなのだけれど、僕にとって執筆環境は重要である。ブログに要する執筆時間は、長くても2時間以内に完結させる。それをこえるとタイムアウトで、今日もサヨリは元気です(笑)  毎日が、時間との追いかけっこの始まりです。  陸上競技に例えるのなら、ブログはスプリンターで、小説はマラソンランナー。机の位置、椅子の高さ、雑音とサヨリさん……。気になり始めたら問題は目白押し。気にしなければ問題解消。でも、神経が過敏になると、ちょっとしたことでも気になるもの。  11月と12月。小説の追い込み時期にもなると、山小屋でも借りてしまいたい。そんな気分にもなっていた。ペンションや別荘...