水曜日(猫の話)

水曜日(猫の話)

明日は猫の日

水曜日は猫の話。  そして、明日は猫の日である。  猫の日のSNSは、すごいよぉ~。〝ネットを猫の写真で埋め尽くせ!〟の勢い半端ない。自慢の愛猫投稿はあたり前田のクラッカー。猫を飼ってない人だって、猫嫌いな人だって、どこからか猫の写真を引っ張ってSNSにアップしている。言わば2月22日は、日本列島が猫の祭典で湧いていて、今日もサヨリは超元気(笑) ※トップ画像は2017年5月の記事から選びました。  〝猫ブーム〟が始まったのは2007年頃からだったっけ? どんなブームも一瞬で、スポットライトが当たる期間はあっという間に過ぎてしまう。そういえば、ピコ太郎さん元気かなぁ? ブログの肥やしに頑張って...
水曜日(猫の話)

愛猫と毎日口喧嘩!

水曜日は猫の話。  バレンタインだけれど、猫で書く(笑) 「ごわぁ~ん!」  いつもそう、いつだってそう……事務所にもどるとコレである。うれしいけれど、愛猫の食欲が凄まじい。食欲は健康のバロメータというけれど、一度には与えない。調子こいて食べさせると、吐き戻してしまうからだ。なのにその後、素知らぬ顔で食べるのだ。酒飲みが吐きながら飲む感じ。そんな不経済なことなどやってられない───片付けするのは誰?って話だ。だから、オペレーション梟ストリクス。サヨリのご飯は小分けである───全ては世界平和のために。 「ちょっと待って」  上着くらい脱がせておくれよ。ほら、荷物だってあるんだし。 「ごわぁ~ん!...
水曜日(猫の話)

お猫のお耳のマッサージ

水曜日は猫の話。 ───うぉーい、肩こったなぁ~ガチガチじゃ!!!  肩はこれども金はない。マッサージなんて、何年も行った記憶がまるでない。その僕が、飼い猫にマッサージしているのも不思議です。  おい、幸せそうだな(笑)  猫には肩の概念がない。猫の鎖骨が小さく退化している。だから、肩の柔軟性が異常に高い。猫はね、あの小さな頭が通る空間があれば、全身が通りぬけられるんだよ。とはいえ、昨今の飼い猫は、ふくよかだ。だから、その限りではないのだけれど……。腹が引っかかる猫もいる。  つまり、僕がマッサージしてるのは、肩ではなくて首である。猫も首が凝るらしい。首をモミモミするだけで、目がとろーんとなっ...
水曜日(猫の話)

野良猫の寿命は2、3年

水曜日は猫の話。 ───野良猫の寿命は2、3年だと言われている。  病気、寄生虫、怪我、交通事故……田舎であっても、都会であっても、猫が生き抜く過酷さは変わらない。冬は塀の上で、屋根瓦の上で、駐車場の車の上で、日向ぼっこな猫でさえ、呑気に見えても明日の命はわからない。いつだって、生と死は隣り合わせなのだから。  その人生。  いや、にゃん生を生きるはずだった猫いる。そいつが僕の足をガッチリとロックしていやがる。のうのうと。  偶々、息子についてきて。偶々、うちの猫になって。どういうわけだか僕の管理下に入って。今はコタツの中で……爪を立てるな! ひっかくな! 僕の足が痛いじゃないか! ってことに...
水曜日(猫の話)

うちのにゃんこはエイリアン?

水曜日は猫の話。  愛猫サヨリが新たな技を獲得した。  僕はフェイスハガーと呼んでいる。フェイスハガーとは何なのか? その前に、これまでの足取りを語るとしよう。サヨリがとった戦略の足跡を……と、仰々しく書いてみたけれど、どこにでもある猫の話である。  猫であるなら、生き物ならば。切っても切れない習性がある。それは、猫の三大欲求。言い換えれば、寝る、食う、出す。もちろん、出すはウンチのことだ。猫は人に要求する生き物である。その中でも〝食〟に対してどん欲だ。あの手この手で意思を伝える。要求と呼ぶべきか?  若きサヨリは無口であった。だから、猫スリスリで空腹を伝えた。若い僕も対応が早い。テキパキとカ...
水曜日(猫の話)

猫はトイレでうんちする

水曜日は猫の話。  猫を飼う……それは、突然の強行採決で決定された。他でもなく、最後まで反抗し続けたのが僕である。だって、そうでしょ? うちはね、ゆきの豪邸とは違うのだから。うちではね、ジュリアーノ待遇なんてしてやれない。  それにペットは短命だ。10年、20年、それ以上……生きてくれるのなら納得もできる。でもまぁ、数年で天に帰るであろう。今の僕が言うのは変だけれど、下手に情が移ってしまうと正直しんどい。だから猫とは関わらない。冷たくするなら最初から、優しくするなら最後まで。この気持ちが分かるアナタ、そりゃもうお友達です(笑)  猫をいじめたりしないけれど、僕は愛でることもしなかった。2階の息...
水曜日(猫の話)

今日もサヨリは律儀な猫ちゃま

水曜日は猫の話。  うちの猫は律儀である───義理堅く実直なサヨリであった。  暑い日も、寒い日も、晴れの日も、雨の日も……僕が戻ると寝床から起きて出迎える。それは、必ず実行される。  数年前。  もうダメだと思った頃でも、よろよろと体を起こして僕を出迎えた。 「もう、ええで。しんどかろうに……」  口を酸っぱくして、何度もサヨリに言い聞かせたけれど、サヨリの行動は変わらなかった。ご飯の食べられない体で、毎日、僕を出迎えた。 「これ、食えっか?」  ありとあらゆるキャットフードを試したけれど、サヨリが口にすることはなかった。大好きだったちゅーるでさえも食べようとしなかった。日に日にやせ細る愛猫...
水曜日(猫の話)

人と猫との距離感

去年、ブログ運営の未来を決めた。  でも、現実とブログの世界の狭間で、どうしようかと悩んでしまう。どうしても立ち止まってしまう。正月早々、立て続けにあんなことがあったのだ。考えるほどに身動きが取れなくなる。困ったねぇ……。困っているとメールが届いた。知らない人からのお問い合わせ。 ───ブログを書いて下さいね。  それだけが書かれていた。  時折そんな、謎解きのようなメールがあるけれど、この一文に並々ならぬ重さを感じた。僕の読者は限りなく少ない。なのに、知らない誰かの助け船。  被災地に友人のような読者がいるかもしれない。ならば答えは決まっている───書くだけだ。予定どおりに始めよう。  水曜...