土曜日(ショート・ショート)

土曜日(ショート・ショート)

白い月

───もう、一年が経つのね……。  明るくて、賢くて、気遣いがあって、可愛らしい子……。  ぽっかりと空いたベッドに、あの子の姿を思い出す。看護師の私にとって、生と死は日常の出来事だけれど、ふとした瞬間に思い出す。あの子の笑顔と、あの子との会話を。あの子は娘の友達だった。看護の業務に私情は禁物。それは十分理解している。でも、あの子と接するたびに、娘とあの子が重なって見えた……。 ───お月様。  あの子には好きな人がいた。彼をお月様と呼んでいた。こんなに美人さんなのだから、彼氏候補なんて、あの人だけは無いでしょう? もっと身近な男を選びなさい。近くで、あなたに寄り添ってくれる人を選びなさい。残...
土曜日(ショート・ショート)

呪いのフォルダ(肆)

───cursed-folder-case4(1975-05-15 07-04)  1975年5月15日。  今、わたしは彼が残した日記を読んでいます。この日記にわたしの文字を付け加えながら。ねぇ、あなた。こうして読むと、交換日記みたいよね。ねぇ、あなた。どうしてわたしを置いて行ってしまったの? お願いだから帰ってきて。もうすぐ、わたしたちの結婚式なのよ。  わたしの健太郎さん……。  1975年5月20日。  健太郎さんは死んだ。  5月1日、事故で死んだ。わたしが病院に駆けつけたときには遅過ぎた……即死だった。  健太郎さん。披露宴会場とか、ケーキとか、ドレスとか……。今日ね、すべてのキャ...
土曜日(ショート・ショート)

呪いのフォルダ(参)

───cursed-folder-case3(1975-04-16 05-15)  1975年4月16日。  私と彩夏さやかの挙式を7月7日に決めた。  年に一度の七夕であり、彼女の誕生日でもあったからだ。知人が経営するホテルで、彩夏と結婚式の打ち合わせを終え、その足で田所たどころ博士の家に向かった。あのマシンを目の当たりにして、彩夏はどんな顔をするのだろう。それがとても楽しみだった。だがしかし、私の予想に反して彩夏の顔は不安げだった。 「お願いだから、この機械の電源だけは入れないで」  彩夏は私に懇願した。彩夏の推測では、この扉は異次元への入り口だと言う。高次元なのか、別世界なのか、それとも...
土曜日(ショート・ショート)

呪いのフォルダ(弐)

こんばんは、斎藤です。  では、先週の続きから……僕がファイルを発見した経緯からお話しよう。  僕は、僕の大切な人のために嫌いなヤツと手を組んだ。そして、僕の知り得る輪廻転生についての情報を彼らに流した。さも、偉そうに……。詳細と経緯は〝邂逅〟で記されたとおりである。  思春期の若者ならば、誰だって都市伝説の類たぐいが好きだ。動画サイトのPV数を調査すれば、それは紛れもない事実である。今も昔も毎日のように、人類滅亡の考察と予言もどきの動画が公開され続けている。無意味な情報に踊らされる人々の姿は滑稽だ。  ネットでどれだけ調べても、手に入る情報には限りがある。新発見をしたような気になっても、どこ...
土曜日(ショート・ショート)

呪いのフォルダ(壱)

アナタの身近でこんな話を耳にしたことはあるだろうか? ───忽然と人が消える……。  元気に生活していたあの人が、前途洋々だった若者が、追い詰められた老人が───失踪、失跡、蒸発、そして神隠し……。その呼び方は様々である。けれど、人が消える事象と捉えれば同じだと言えるだろう。  そして、皆さんは〝呪いのフォルダ〟をご存じだろうか? ほら、そこの女学生が話題にしている都市伝説。そこは、僕の世界とはまた別のパラレルワールドである。ブログ王世界の女子トークに耳を傾けてみようではないか。 「ねぇ、アケミちゃん。呪いのフォルダの話……知ってる?」 「知っている、知ってる。メールとかSNSに貼り付けられた...
土曜日(ショート・ショート)

この世界線の分岐点

俺は同じ夢を見る。  決まって見知らぬ公園を女性と散歩をしている夢である。そして、赤いベンチに座ってランチを食べる。ランチはいつも、彼女が作ったおにぎりだった。食事を済ませて彼女の家まで送り届けたところで夢から覚める。公園から見える大きな風車が印象的だ。散歩の途中だったり、ランチの途中だったりと、夢から覚めるタイミングはまちまちだ。  中学になるまでは、色付きの鮮明な夢だった。高校を卒業する頃になると、その夢を見ることも少なくなった。見ても断片的な夢であった。その夢には色もない。  社会人になって、夢の記憶を思い出す。  あの公園はどこなのか? あの女性は誰なのか? あの家は実在するのか?……...
土曜日(ショート・ショート)

産神チフユ

人里離れた展望台。  そこは少年のお気に入りの場所である。少年はそこで本を読むのが好きであった。とある春の日。桜の木元のベンチ。そこに腰を下ろして古文書に目を通す。その鋭い眼光は、何かの糸口でも探すかのようであった。満開の桜の花と穏やかな春の日差し。頬をかすめるそよ風が、静かに少年を包み込んでゆく……。  何かの気配に少年は気づき、顔を上げると少女の姿があった。それは、愛しくも懐かしい……夢にまで見た少女であった。少年は理解していた。これは、ありもしない現実であると。そして思う……きっと、あのお方に違いないと。 「あなたは、チフユさんですね?」  静かに少年は少女に問いかけた。それは、幻に話し...
土曜日(ショート・ショート)

私が小説を書く理由

私の夢は小説家。  そう言いたいけれど、そうじゃない。自分の実力なんて、言われなくても知っている。だから、ネットに小説を書いて満足するだけの毎日だ。私の書いた小説なんて、ご都合主義の自己満足。誰にも読まれなくて当然なのだ。  小説を書き始めて5年が経った。書き始めたのは高3だった。だから、私はまだ若い。ピチピチギャルのはずなのに、未だに反応すらないなんて……私のブログだけが、ネットに繋がってないとでも? そう錯覚するほど、私のブログは静かであった。人気ひとけのないブログだった。  そんなある日、お問い合わせのメールが入る。何だよ、何だよぉ~! うれしいじゃん(笑) 私は、そのメールに胸を弾ませ...